TOP » ココロとカラダに効くコラム » 母力UP!! » 風邪をひいても、優しくはしない!!  中西流「生活習慣の作り方」①

母力UP!!


★  風邪をひいても、優しくはしない!!
中西流「生活習慣の作り方」①

編 集 生活習慣で大切にされていたことはありますか?
中 西 「食べる」「寝る」「動く」が
すべての基本です。
このどれかをいい加減にすると
様々な影響が出てきます。
編 集 はい。
中 西 子どもが病弱だとか、
朝起きられないとか、
朝ごはんが食べられないとか
で悩まれているお母さんから
相談を受けることがあります。
ほとんどの場合、
体質のせいではありません。
例えば、
朝ごはんが食べられないのは
睡眠が足りていなかったり、
起きるのが遅くて落ち着いた時間を持てないとか
食事のタイミングが悪かったり
バランスを崩しているだけです。
編 集 「食べる」「寝る」「動く」は
連動しているのですね。
中 西 そうです。
「食べる」「寝る」「動く」をキチっとしていると、
病気にもなりにくいです。
中西家に関して言うと、
長男がインフルエンザで休んだ以外、
誰も病気で学校を休んだことはありません。
編 集 凄いですね。
中 西 「のどが痛い」「しんどい」と子どもが言った時に、
叱ったこともあります。
3人、皆同じように過ごしているのに、
何であなただけ病気になるの?
自分の体をちゃんとできなくてどうするの?
(手洗い、うがいなども含めてすでに躾している)
編 集 厳しい!
中 西 誰かが「しんどい」と言うと
家族全員に責められます。
「弱い!」って。
だからかどうかわかりませんが、
朝起きたら元気に学校に行ってましたね。
編 集 家族も厳しい!
中 西 風邪をひいても優しくはしないです。
居心地良くしない。
病気になったらいいことがないと思うと
病気にならないものです。
健康に生活できる環境があって、
体力があるのに
体調を崩すことは恥ずかしいことだと
私は思います。
編 集 なるほど。
中学生、高校生になると勉強などで
生活習慣が崩れることもあると思うのですが、
どのように対応されていたのですか?
中 西 中学生になったら、何も言いません。
生活習慣を徹底的に指導するのは
小学生までです。
正しい生活習慣は教えたのだから、
後は自分で応用してもらいます。
大人になったら、仕事で生活習慣が
崩れることがあるわけですから、
自分で調整できるようにならないと
困りますよね。
編 集 睡眠にスポーツの影響はあるのでしょうか?
中 西 それはあると思います。
充分体を動かしていれば、
睡眠はスムーズです。
睡眠時間になったら、瞬間で寝ます。
私たち親もです!
編 集 眠りたいときに眠れるかどうかって、
とても大事なスキルですよね。
ちなみに何時頃に消灯だったのですか?
中 西 小学校2年生までは20時消灯、
その後6年生までは21時消灯。
中学生になったら、何時に寝ようが自由です。
その代わり、朝も自分で起きてもらいます。
こちらから起すことはないですね。
自己責任ですから。
編 集 なるほど。
(②に続く)
中西智子さん
ANAのフライトアテンダントとして7年間勤務。
夫の転勤により家族で渡米、1987年より7年間シカゴ、1998年より6年間を
ロサンゼルスで過ごす。独自の教育法で3人の息子をバイリンガルに育てる。
帰国後、発音矯正学校の主任講師として勤務後、独立しCEPIO設立。
有限会社tomokoworkout取締役社長および英語発音スクールCEPIO代表。
一般社団法人 国際英語発音協会 理事長。
中西智子さんのブログ『中西家の日米生活』 http://ameblo.jp/cepio/
お問い合わせ
Copyright(C) cocorocom. All Rights Reserved

PAGE TOP