TOP » ココロとカラダに効くコラム » 母力UP!! » 風邪をひいても、優しくはしない!!  中西流「生活習慣の作り方」②

母力UP!!


★  風邪をひいても、優しくはしない!!
中西流「生活習慣の作り方」②

編 集 では続いて
食事について教えて下さい。
中 西 子どもに食べさせるものについては
生まれた時から注意してきました。
長男は味付けなしを3歳まで続けましたね。
極力シュガーを与えない。
そして、脂肪細胞を増やさないようにしていました。
編 集 3兄弟とも味付けなしを徹底されたのですか?
中 西 三男はアメリカで生まれましたので、
ビン詰のベビーフードでした。
離乳食は上二人ほど徹底できませんでしたね。
編 集 ベビーフードは栄養表記も確認できて
便利ですものね。
中 西 面白いことに、
味付けなしを徹底した長男が
一番味覚があります。
お米、お味噌の違いに気がつきますよ。
編 集 ははは。
好き嫌いにはどう対応されましたか?
中 西 なぜ好き嫌いをするのかって考えると、
子どもがたまたま食べなかったものを
嫌いと親が決めてしまっていることが
多いように思います。
編 集 ええ。
中 西 煮方、切り方で
味や食感は変わりますからね。
いつもより細かく切って、
コトコトに煮たら食べるかもしれない。
時々、食卓に並べればいいのです。
オクラとかナスとかのおいしさがわかるのは
大人になってからだと思いませんか。
編 集 確かに。
中 西 嫌いな食べ物を無理して食べさせるのも駄目。
食事そのものが嫌になってしまいますから。
食べないなら食べないでいいけど、
体が弱くなるよと教えます。
ビタミンが不足すると速く走れなくなるかも、
と脅かしたりしました。
編 集 ははは。
使えそうなテクニックです。
中 西 男の子は単純なので、雰囲気で食べます。
小さいときはちょっとした暗示が効きます。
「おいしそうに食べてくれて嬉しい」とか、
「お母さんが頑張って作ったのよ」とか言うと、
子どもは喜んで食べます。
編 集 「食べる」「寝る」「動く」のバランスは
大人になってからも
意識されているのでしょうか?
中 西 意識していると思います。
長男は救急にいますので
朝と夜が逆転するような生活をおくっています。
次男も夜中まで勉強をしていることが多いようです。
2人とも
「最近、動けていない」だとか、
「日の出と共に起きれていない」だとか
言っていますので、
正しい生活の基準はあるのでしょうね。
編 集 大人になったときに、
基準があるのは強いですね。
(おわり)
中西智子さん
ANAのフライトアテンダントとして7年間勤務。
夫の転勤により家族で渡米、1987年より7年間シカゴ、1998年より6年間を
ロサンゼルスで過ごす。独自の教育法で3人の息子をバイリンガルに育てる。
帰国後、発音矯正学校の主任講師として勤務後、独立しCEPIO設立。
有限会社tomokoworkout取締役社長および英語発音スクールCEPIO代表。
一般社団法人 国際英語発音協会 理事長。
中西智子さんのブログ『中西家の日米生活』 http://ameblo.jp/cepio/
お問い合わせ
Copyright(C) cocorocom. All Rights Reserved

PAGE TOP