TOP » ココロとカラダに効くコラム » 母力UP!! » やり始めるまで何も言わない!! 中西流「自発的な勉強のさせ方」②

母力UP!!


★  やり始めるまで何も言わない!!
中西流「自発的な勉強のさせ方」②

中 西 三男は素直な性格です。
行動する理由を必要としません。
先生が勉強しろと言ったからした。
コーチが泳げと言ったから泳いだ。
というような感じです。
でも、
素直な性格は
自立という意味では
マイナスでもあります。
編 集 そうかもしれませんね。
中 西 三男が幸運だったのは
15歳の時に
父親に続いて私も帰国したことです。
彼はアメリカに残りました。
親と離れたことで、
素直なだけでは
身動きがとれなくなった。
それで、自立心を育むことが
できました。
今は兄弟の誰よりも
自立しています。
編 集 性格と運が
勉強し始めるタイミングを
決めるのですね。
中 西 学生時代に
勉強をしなかった次男は
結婚して、
25歳になって
遂にやりたいことが定まりました。
実現するためには
知識が不足しているので
勉強するしかない。
底力を信じて、
今、猛烈に勉強しているそうです。
そういう人もいます。
編 集 素晴らしいです。
中 西 自信を持ってさえいれば、
何歳からだって
チャレンジはできますからね。
それでいいと思っています。
編 集 親は子どもの性格を見極めて
見守るしかないわけですね。
中 西 そうですね。
お母さんが手取り足取りすれば、
有名な大学に行って、
有名な会社に入社するところまでは
できるかもしれませんが、
そこから悩むことになります。
仕事、結婚、子育て、
その先に色々ありますから。
編 集 無意識に、親は子の
進路を決めてしまいますよね。
良かれと思って。
中 西 親が子どもの進路を
一つ決めることは、
子どもの自我を
一つ潰すことと同じです。
編 集 なるほど
中 西 今、子どもを
有名な大学に行かせようとして
悩んでいるお母さんは、
一度、
大きく考えてみてください。
有名大学に行かせようとする
理由は何なのか?
医学部に行かせようとする
理由は何なのか?
編 集 何なんでしょう。
中 西 世間体ですね。
おじいちゃん、おばあちゃんに
医者、弁護士、手に職と言われて
お母さんがプレッシャーに感じている。
本人も医者になりたいと言っていると
お母さんは言うんですけども、
それは洗脳ですね。
親が流されていては駄目です。
編 集 確かに。
中 西 元気であればいいをベーシックにして、
子どもに欲をもたないこと。
食べる、寝る、人付き合いなど
基本的なことを重視して、
勉強は子どもに任せる。
どこかでやる気を出した時に
出来る範囲でフォローしてあげる。
自発的に勉強をさせるというのは
そういうことです。
編 集 ありがとうございました。
(中西流「自発的な勉強のさせ方」終)
中西智子さん
ANAのフライトアテンダントとして7年間勤務。
夫の転勤により家族で渡米、1987年より7年間シカゴ、1998年より6年間を
ロサンゼルスで過ごす。独自の教育法で3人の息子をバイリンガルに育てる。
帰国後、発音矯正学校の主任講師として勤務後、独立しCEPIO設立。
有限会社tomokoworkout取締役社長および英語発音スクールCEPIO代表。
一般社団法人 国際英語発音協会 理事長。
中西智子さんのブログ『中西家の日米生活』 http://ameblo.jp/cepio/
お問い合わせ
Copyright(C) cocorocom. All Rights Reserved

PAGE TOP