TOP » ココロとカラダに効くコラム » 母力UP!! » 「叱る」に親の感情は関係ありません 中西流「子どもの叱り方」②

母力UP!!


★  「叱る」に親の感情は関係ありません
中西流「子どもの叱り方」②

中 西 叱り方がわからないと言う前に、
「しつけ」をしたかどうかを思い出すべきです。
「しつけ」の時は、「なぜ」を言っています。
なぜ、食べ物を粗末にしてはいけないのか。
なぜ、デパートで走り回ってはいけないのか。
編 集 確かにそうですね。
中 西 「しつけ」をしてないのに、
人の目を気にして、親が子どもを怒鳴る場面に
遭遇することがありますが、
これはよくないですね。
デパートで走っている子どもを見ながら、
「ダメよ~」っていうのも、ポーズです。
「しつけ」をして、なぜ駄目なのか
しっかり理解させることがスタートです。
編 集 その上で「叱る」があるのですね。
中 西 そうです。
「叱る」時は、こちら(お母さん側)も冷静です。
子どもとの勝負だと思って、
自分の心が穏やかな時に、時間を作って、
場合によっては1対1で話さないといけません。
編 集 どれくらいの強さで叱ればいいのでしょうか。
中 西 子どもがおびえあがるぐらい
叱ることもありました。
年に1回か2回ぐらいですけどね。
考えを改めないとどういうことになるか
というような話をします。
編 集 なるほど。
中 西 「締め」も重要です。
注意されたことのショックを
長引かせてはいけないですからね。
できるだけ、愛情のあることを言って
「しつけ」を定着させるように心がけます。
編 集 どんなことで叱ったことがありますか?
中 西 挨拶については、幼少の時からしつけ、
叱ったことを覚えています。
相手の目を見て、
聞こえるように大きな声で言いなさいとか、
日本では、相手が反応してくれなくても、
「こんにちは」と言いなさいとか。
編 集 挨拶は大切ですよね。
中 西 他にも、ごはんの食べ方、
洗濯物をカゴに入れる、兄弟喧嘩、
スポーツへの取り組み方など色々です。
日本とアメリカの行き来で、
言葉が極端になってしまうことがあったので
言葉使いについては
細かく言うようにしていました。
編 集 なるほど
中 西 嘘をついた時は
子どもがおびえあがるぐらい叱りましたね。
・・・余談ですが、お母さんに嘘はつけないと
思わせることも有効です。
編 集 と言いますと
中 西 ビザの関係で、
私だけ日本に帰らないといけないことがありました。
その間に、子ども達が友達を呼んで
大パーティーをしたことがあります。
編 集 そのシチュエーション、
映画で見たことがあります。
中 西 息子は完璧に片づけをしたつもり
だったらしいんですが、
ソファーの間にヘアピンがあったり、
シーツのベッドメイクの仕方が、
アメリカ風だったり、母親が見ると
わかるんですよ。
随分大きくなってからの話ですが、
さすがに叱りました。
編 集 ははは。
中 西 それをきっかけに隠し事をするのは
諦めたようです。
親に嘘をつくのは無理だと思ったんでしょうね。
(③に続く)
中西智子さん
ANAのフライトアテンダントとして7年間勤務。
夫の転勤により家族で渡米、1987年より7年間シカゴ、1998年より6年間を
ロサンゼルスで過ごす。独自の教育法で3人の息子をバイリンガルに育てる。
帰国後、発音矯正学校の主任講師として勤務後、独立しCEPIO設立。
有限会社tomokoworkout取締役社長および英語発音スクールCEPIO代表。
一般社団法人 国際英語発音協会 理事長。
中西智子さんのブログ『中西家の日米生活』 http://ameblo.jp/cepio/
お問い合わせ
Copyright(C) cocorocom. All Rights Reserved

PAGE TOP