やる気を引き出す様々な刺激を提供 「特選クラス」の英語教育


追手門学院中学校は創設以来「国際社会に貢献できるグローバル人財を育成すること」を 一つの柱とし、英語教育とコミュニケーション教育の両面を重視してきた。

2013年には、これまでの教育プログラムをさらに特化させるべく「特選クラス」が新設されることになり、最先端の英語教育の取り組みにも注目が集まる。
今回は学院全体で取り組んできた英語教育と「特選クラス」でチャレンジする英語教育について、荒木教頭と英語科主任の田橋先生にお話を伺った。



実践的な英会話学習と「正しい英語」の両輪 追手門学院の英語教育システム

追手門学院中学校では、ネイティブ教員による英会話授業を中心に実践的な英会話教育が実施されている。一方、「グローバル人財を育成する」という理念の実現には英会話だけではなく、「正しい英語」を学ぶ必要があると田橋先生は説く。中学3年間の学びを見てみよう。

1.「触れる」から「慣れる」へ。少人数での英会話授業

週に2時間、ネイティブ教員が生徒15名に1人つくかたちで英会話の授業を実施。 USA、カナダ、オーストラリアなど様々な文化基盤を持つネイティブ教員がいるのが特徴。

まずは本場の英語に「触れる」そして「慣れる」を目標に、中学一年生から少人数での英会話授業を実施しています。 日本人教員も授業に参加し、苦手意識を持つ生徒が出ないように工夫しています。
田橋先生
田橋先生


2. 無料で「Berlitz」の英会話を提供

無料で「Berlitz」の英会話を提供 無料で「Berlitz」の英会話を提供

英会話スクール「Berlitz」の先生を招き、「助動詞を使った質問の仕方」などテーマを絞った集中講義を希望者に無料で提供している。 期間は1学期・2学期期末考査後の4日間。週2時間の英会話授業と違うネイティブ教員に触れ合えるのも魅力。

10年前の立ち上げ当初は、 クラブ活動との兼ね合いで生徒が集まりにくかったのですが、 今は先輩などからの口コミの影響でリピーターが増えてきています。
田橋先生
田橋先生


3. 英会話授業の成果を実感 イングリッシュキャンプ

英会話授業の成果を実感 イングリッシュキャンプ 英会話授業の成果を実感 イングリッシュキャンプ 英会話授業の成果を実感 イングリッシュキャンプ 英会話授業の成果を実感 イングリッシュキャンプ 英会話授業の成果を実感 イングリッシュキャンプ 英会話授業の成果を実感 イングリッシュキャンプ

中学2年生2月の冬休みに2泊3日でイングリッシュキャンプを実施。 「Berlitz」協力のもと生徒10名に1人のネイティブ教員がつき、飛行機内での会話・買い物などシチュエーションを決めた英会話や、英語の寸劇などのグループ発表をします。

中学1年生から週2時間英会話をしている生徒達ですので、ネイティブの先生の前に立っても自然に振る舞います。
英会話の実力差もでてきているのですが、漫画の名台詞を使った英語カルタ大会など興味を絶やさない工夫をしています。
田橋先生
田橋先生


4. 中学英語の集大成 ニュージーランド修学旅行

中学英語の集大成 ニュージーランド修学旅行 中学英語の集大成 ニュージーランド修学旅行

中学3年生の6月に7泊8日の日程でニュージーランドへの修学旅行を実施。 中学年代の英語学習の集大成的な位置だ。 1日目は酪農体験、2日目はマオリ村見学という体験学習、3日目からは4人1組に分かれてのファームステイを実施する。

マオリ村見学では見学施設に行くだけではなく本当の集落を訪問し、ハカ(※)やポイ(※)を指導していただきます。
現地の中学生、高校生と一緒にマオリ村を訪問しますので、同年代の生徒達との交流の場にもなっています。
中学生にとってファームステイは厳しい体験なのですが、3年間学んだ英会話やコミュニケーションの力を存分に発揮してくれているように感じています。
田橋先生
田橋先生


※ハカ・・・マオリ族の民族舞踊。マオリ族の戦士が戦いの前に踊る舞。
※ポイ・・・マオリ族の民族舞踊。ヒモの先に丸いポンポンが付いたものを回して踊る。


5. SV構造を中心に「正しい英語」を徹底指導

将来は英文読解が必ず必要になるという信念のもと、追手門学院中学校ではSV構造を中心とした文法の徹底理解を生徒に求めている。「英会話力の育成」と「文法理解」を英語教育の両輪と位置づけ、同程度のウエイトをかけて指導。

「グローバル人財を育成する」という目標を掲げている以上、旅行英語の取得では困ります。
英語で議論できたり、英語文献を読めるようになるための英語、いわば「正しい英語」を身に付けてほしいです。
理系の大学に進んだとしても大学の教科書が英文であることは多々ありますし、今の段階から文法構造を体に叩き込んでほしいです。
田橋先生
田橋先生


インタビュー

Interview.1 やる気を引き出す様々な刺激を提供「特選クラス」の英語教育 Interbiew2. 荒木教頭・田橋先生対談 海外の大学への進学も視野にいれるようになってほしい




<a href=http://cocorocom.com/labo/school/31.php>追手門学院中学校</a>
スペシャルコンテンツ
お問い合わせ
Copyright(C) cocorocom. All Rights Reserved

PAGE TOP