TOP » 英語教育レポート » 海外教育特集

海外教育特集


100年以上の伝統を誇り、<知徳の併進・魂の教養> という理念を今なお受け継ぐ大谷中学校・高等学校。近年では医進コースの導入でも話題の人気校です。仏教に根差した情操教育や行事、マナーや清掃の指導でも有名な同校ですが、もうひとつの大きな魅力が、その多彩な海外教育です。他校に先駆けて注力してきた同校の海外教育について取材しました。

オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、タイに合計10校の姉妹校とニュージーランドに20校以上の提携校を持つ大谷中学校・高等学校。中高6年の在籍期間中に3回の海外研修の機会が用意されています。ホームステイや現地での通学を通して 短期間に国際理解を深める絶好の機会です。人数制限がある為に選考が設けられていますが、毎回希望者がとても多く定員を大幅に上回るそうです。

1. ニュージーランド研修

DATA
学年
中2・中3
人数
希望者より約20名
場所
オークランド、ホームステイ等
期間
約8日間
まず中学生の研修先はニュージーランドです。穏やかな気候と治安の良さから海外研修には人気の同国。3泊のホームステイや様々なアクティビティ、姉妹校のオークランド・ガールズ・グラマー・スクールとの交流、Unique New Zealandという施設での語学プログラム等をこなします。言葉以外にも様々なカルチャーを経験し、生徒達にとって忘れることの出来ないミニ留学体験とも言える内容になっています。

2. オーストラリア研修

DATA
学年
中3・高1
人数
希望者より40名
場所
シドニー・バサースト・ホームステイ中心
期間
約12日間
オーストラリア研修はさらに濃密な内容に。あらかじめ学校内で現地の文化、マナーや風習などの講習を受けてオーストラリアへ。姉妹校であるセント・キャサリンズ校とアボッツリー校、マキロップ校でのプログラムに参加。姉妹校生徒の家庭でのホームステイも全5泊あり。週末の2日間は終日ホストファミリーと過ごします。実際に研修に参加した生徒達に話を聞いてみました。

オーストラリア研修はどうでしたか?

【百間谷さん】楽しかったです。一番驚いたのは動物がたくさんいるところです。

【里見さん】道路もとても広くて自然も豊かでした。

【藤田さん】日本と違ったところがとても多くて、友達もたくさんできました。

印象深い思い出は?

【藤田さん】節水に戸惑いました。シャワーからお湯が出ないこともあるし、水を大切に使うように言われました。水を空気のように当たり前に存在するものとして使っていた私の日常を反省しました。

行ってみての感想は?

【百間谷さん】行く前までは英語が好きではなかったけど、現地で自分の言葉が通じた時はとても嬉しかったので、もっと英語を勉強しようと思いました。

【里見さん】姉妹校のアボッツリー校でスピーチをしたんですが、人前で話すのは苦手でしたが、なんとかスピーチを終えると、みんなが拍手してくれてとても嬉しかったです。また海外に行って、もっといろんな人と話せるようになりたいです。

【藤田さん】ホストシスターと買い物したり、お菓子をつくった事がとても楽しかったです。授業は年上のクラスだったのでうまく理解出来なかったのですが、ホストシスターや周りの友達がよく話しかけてくれました。これまであまり外国に興味がなかったんですが、外国の大学にも行ってみたいと思うようになりました。

3.タイ体験入学

DATA
学年
高1・高2
人数
希望者より数名
場所
タイ東北部 ウボンラチャタニー県 ホームステイ
期間
約8日間
大谷の海外教育をより一層多彩にしているのが、このタイ王国での体験入学。タイの姉妹校からの留学生を毎年受け入れている大谷ならではのプログラムです。姉妹校での学習やアクティビティ、本場のキックボクシング(!)体験やアユタヤ観光など、これぞタイという魅力を満喫できるこのプログラム。昨年参加した鹿浦さんにお話を聞きました。

タイ体験入学を希望された理由は?

【鹿浦さん】旅行が好きで、アメリカ・ヨーロッパには行きましたが、アジアには行った事がなかったのと、ホームステイにも興味があったので希望しました。

行かれてみてどうでしたか?

【鹿浦さん】タイの人はすごく優しくて、豪華な建物もあってとても良い経験になりました。
トイレが水洗ではなかったり、家の中に虫がたくさん入ってきたりもしたんですが、思ったよりもきれいでした。

日本との違いは?

【鹿浦さん】時間にこだわらないところですかね。例えばある朝。7時に出発するはずが寝坊して7時半になってしまったんですが、全く怒られませんでした。学校でも教室の移動の際、日本ではすぐに移動するものですけど、タイでは15分ぐらい遅れて移動するような感じでした。でも大らかな人が多くてとても良かったです。

タイに行って学んだことは?

【鹿浦さん】私は自分から誰かに話しかけるようなタイプではないのですが、研修後少し積極的になれたかもしれません。英語とは違ってタイ語は難しすぎると思う人もいると思いますが、初めから無理と決めつけず、実際に接してみて、まずはコミュニケーションをとってみることに価値があると思います。

4.1年間留学

DATA
学年
高1の3学期~高2の2学期(1月~12月)
人数
英語コース・特進Ⅱコースの希望者(H25年度は6名)
場所
オーストラリア・ニュージーランドの姉妹校又は提携校。
期間
1年間
ここまで紹介した海外研修に加え、大谷では留学制度も大変充実しています。姉妹校・提携校の数も多く、生徒は自分に合った留学先を選ぶことが出来ます。留学先を選ぶ際も、豊富な資料や先生方によるアドバイスが用意されていることはもちろん、留学経験のある先輩や卒業生からのアドバイスも貰えるのは、長年海外教育に注力してきた大谷ならでは。また留学前から留学中、留学後も、講習会や細やかな連絡体制、補講など、万全のバックアップ体制が整っているので、生徒達は安心して留学し、帰国後も通常の授業に復帰出来ています。昨年留学を経験した宮沢さん、塩盛さんにお話を伺いました。

志望理由は?

【宮沢さん】小学生の時から、漠然とですが留学に興味があったんです。母が色々調べてくれて留学制度の充実している大谷を受験しました。大谷に入学後、海外研修などを経験してみて、やっぱり1年間じっくりと留学してみたいと思うようになりました。

【塩盛さん】私は英語が好きだったこともあるのですが、一度自分のおかれている環境をかえて、思い切った事をしてみたかったというのもあったので、留学しました。

留学先はどのように選んだのですか?

【塩盛さん】大谷には迷ってしまうぐらい留学先がたくさんあるのですが、先輩にアドバイスしてもらったのがとても役立ちました。先生もとても親身になってくださり、卒業した先輩とも連絡をとって情報を聞いてもらえたので、困る事は無かったです。

【宮沢さん】他の学校では、1つの留学先に同じ学校から複数の生徒が留学するみたいですけど、大谷では必ず1校に1人と決まっています。初めは不安かもしれませんが、自分の成長にとっては絶対に良いと思います。

学校生活の中で留学に役立ったことはありますか?

【宮沢さん】学校にネイティブの先生がいらっしゃる事です。

【塩盛さん】ネイティブの先生を中心に、留学する生徒を対象に講習がありました。英会話のポイントや略語など、実際に留学先で実践的に役立つことを教えてもらえたのですごく助かりました。

留学前にやっておいた方が良いことは?

【宮沢さん】英語関係ではありませんが、まず自分のことをよく知ってから留学するべきだと実感しました。自分のことをよく知っていないと、他人と仲良くなれないので。例えば好きな歌手について聞かれても、「うーん…」と詰まっているようでは会話が続かないし、とても仲良くなれません。なるべく色んな事に興味をもって、日本にいる間もコミュニケーションを大事にしておけば、海外でも対話ができやすくなると思います。

【塩盛さん】 それと、日本のことをよく知っておくべきだと思います。歴史とまで言いませんが、最近の外交問題や文化、食事も含めて。私が留学した学校は日本に興味のある生徒が多かったので色々と質問されました。外国に興味を持つだけでなく、日本のこともよく知っておくと良いと思います。

1年間留学してみて、どういった部分が変わりましたか?

【宮沢さん】はじめは日本とは違うことばかりで、初日の授業選択の説明さえよく理解できませんでした。一番驚いたのは、DRAMA(演劇)の授業です。日本と違って話し合う授業が多いのですが、同学年、下の学年の生徒でもまるで大学生みたいに堂々としていて、カルチャーショックを受けました。でも、初めこそ難しかったのですが、数カ月経つと聞かれた質問には答えられるようになって、更に数カ月すると自分から意見を言うことも出来るようになりました。1年間を通して、積極性が身について、ポジティブな考えができるようになったと思います。留学前は悩み事は親に相談するタイプだったのですが、親がいない環境なので、自分で解決するには、性格を前向きに変えていくしかなかったんです。自分では特に意識していませんでしたが、帰国後に友達から性格が積極的になったね、と言われて実感しました。

【塩盛さん】私の留学先は生徒数が多い学校で、留学生もたくさんいるので、留学生だからと言って周囲が気を使って話しかけてくれるような雰囲気では無かったんです。もともと自分から周囲に積極的に話しかけるタイプではなかったんですが、留学先ではどんどん話しかけて行かないといけないので、積極性がついたかなと思います。英語力が上がったことはもちろん嬉しいんですが、語学力だけならある程度日本でも勉強することは出来ます。でも、海外の人達は自分の意見や感情をはっきりと表すので、留学に行ったことで自己主張や表現の部分で成長できたことはとても嬉しく思います。

帰国後はすぐに大谷での授業に復帰できましたか?

【塩盛さん】留学中から、学校での授業をまとめたレポートや宿題を届けてもらっていたので、困る事はありませんでした。

【宮沢さん】帰国後は留学した生徒向けの特別授業があったりして、通常授業には特に問題無く戻れました。

<a href=http://cocorocom.com/labo/school/42.php>大谷中学校(大阪)</a>
スペシャルコンテンツ
お問い合わせ
Copyright(C) cocorocom. All Rights Reserved

PAGE TOP