TOP » イベントレポート »  雲雀丘学園中学校 「第5回 環境フォーラムレポート」

雲雀丘学園中学校 「第5回 環境フォーラムレポート」

   雲雀丘学園が取り組む環境教育活動の報告と提言を行うイベント「第5回環境フォーラム」が学園記念講堂で開催された。
中学校の全生徒と多数の保護者が参加し、「環境大使(※)」として活動する生徒をはじめとする質の高い発表に聞き入った。
  壇上でははじめに、影浦正二校長から「自分達のしたこと、しようとしている事が、他にどのような影響をあたえるか、そこまで見通して行動できる人間になってほしい」という想いが語られた。また、環境教育を人間教育の柱としている学園方針への理解を保護者に訴えた。その後、生徒発表と基調講演が行われた。

環境活動を全校生徒に提案していく有志の生徒集団。
校外での継続的な環境活動を通して、生徒・地域・学校・家庭の橋渡しをする役割も担っている。
「地球温暖化の影響とその対策とは?」
中学3年生の生徒による個人研究の発表。
  地球温暖化に興味を持った中学3年生の生徒が個人で研究し、「情報の時間」に培ったパワーポイント技能で説得力のあるスライドを作成、発表をおこなった。

「きずきの森保全活動 ハリエンジュってなあに?」
中学2年生の環境大使による発表。
  「きずきの森(※)」での森保全活動の中から、今回は外来種駆除活動の意義についてユニークな寸劇で説明した。


宝塚市にある市民管理緑地。地域の方々の活動のお手伝いとして、環境大使を中心に森の整備活動と、自然体験活動を行っている。整備活動では、割り当てられた整備区画で外来種(主にハリエンジュ)の伐採を行っている。
「黒豆作りの経験から」
中学2年生の環境大使による発表。
  「黒豆畑作体験(※)」の中で知った様々な環境問題について、スライドによるプレゼンテーションを行った。


環境大使による校外畑作として毎年実施されている。
自然や植物に親しむだけでなく、農業の今後や共同体の在り方、廃田が周りの環境に与える影響、獣害などを考える機会になっている。
「エコ弁当」
中学2年生・中学3年生による発表。
  家庭科の取り組みとして全校生徒を対象に開催されている「エコ弁当(※)」作りの模様を中学2年生がスライドで、中学3年生が動画で紹介した。

地産地消・フードマイレージを意識した食材をふんだんに使うお弁当のこと。
雲雀丘学園では、各人が工夫をこらした自作のエコ弁当を持参する日をもうけている。
「生徒会環境活動のこれまでとこれから」
生徒会による発表。
  環境大使の活動とは別に生徒会でも様々な環境活動に取り組んでいる。 今回はその中から、下記3つの取り組みについて報告が行われた。
・芝のクーリング効果、保守について
・「雨水利用(※)」について
・エコキャップ運動
雲雀丘学園では平成22年から屋上緑化給水システムの取り組みを行っている。
降った雨は雨どいを伝ってタンクに貯められ、グリーンカーテン、校内栽培、メタセコイヤの灌水への利用が進められている。
環境講談「もったいない善兵衛」
  講談師神田紫氏による環境講談と講談文化の紹介が行われた。
神田氏はノーベル平和賞を受賞したケニア元環境副大臣ワンガリ・マータイさんが提唱する「もったいない運動」に賛同し、「人・物・自然を大切にし、感謝する心」をオリジナル講談で伝えている。 今回は環境講談だけでなく、講談体験や踊りの披露など講談文化に触れる機会になった。

《雲雀丘学園「環境教育活動」についての補足》
  雲雀丘学園では「環境に配慮することは、人間に対する思いやりやまごころを育てることにつながる」という考えのもと、「環境教育活動」を学園の「人間教育」の柱に位置づけ、環境活動に学園をあげて取り組んでいる。
  活動内容は多岐にわたり、生徒は在学中の6年間を通して「知る・気づく」「親しむ・体験する」「行動する」「伝える」を繰り返し経験し、人間性を高めていく。
今回の「環境フォーラム」では「環境大使」による「きずきの森環境保全活動」「黒豆作りなどの校外畑作」、「学年・教科」による「エコ弁当」、「生徒会」による「雨水利用」「エコキャップ運動」が報告されたが、その他にも多くの取り組みがある。  
  例えば、中1~中3、高2の各学年で実施される宿泊行事や校外学習にも環境プログラムが組み込まれており、事前学習としての「環境講座」や事後報告の機会が設けられている。校内設備の面でも「太陽光発電パネル」や「校庭の芝生化」など環境への配慮と継続的な調査・報告が徹底されている。  
  雲雀丘学園の「環境教育活動」は、平成17年、愛知万博に並行して開催された「こども環境サミット」への参加をきっかけとして始まった。その後、平成20年にサントリー株式会社の協力を得て「第1回環境教育講座」を開催、同日に「環境教育宣言」を行い、毎年6月と7月を環境推進月間として制定、現在も発展を続けている。
<a href=http://cocorocom.com/labo/school/122.php>雲雀丘学園中学校</a>
スペシャルコンテンツ
お問い合わせ
Copyright(C) cocorocom. All Rights Reserved

PAGE TOP