TOP » イベントレポート » 同志社中学校の「学びプロジェクト」

現場で生徒たちの目が輝き出す!!
同志社中学校の「学びプロジェクト」

UPDATE:2015年10月6日

中学時代という多感な時期にこそ、興味関心を広げてくれる原体験が大事であるという考えの元、同志社中学校ではフィールドワーク、研究室訪問、工場見学、施設見学など様々な現場へ足を運ぶ、自由参加のプログラムが各教科から企画されています。その数は年間で50企画を越えるというから驚きです。
今回は、「コウモリに会いに行こう!」と題して、同志社大学生命医科学部、脳神経行動工学研究室(コウモリ研究室)を訪問。特別ツアーに参加し、コウモリを観察やコウモリの能力を応用したロボットを見学し、「コウモリは暗闇でも、なぜぶつからずに飛ぶことができるのか」というコウモリの謎に迫りました。
その様子をココロコミュでレポートします。
  • 「コウモリに会いに行こう!」ツアー
  • コウモリツアー、その前に

    さあ、コウモリツアーへ。ワクワク楽しい見学の前に、まずは脳神経行動工学研究室の飛龍先生から、大学のこと、研究のことをうかがいました。
    脳神経行動工学研究室では、生物、数学、物理、電気、化学、脳科学はもちろん、英語や国語のスキルも必要だという話に、生徒も神妙な顔つき。
    研究するって、ちょっと大変そうです。
    コウモリツアー、その前に
  • いざ、コウモリ実験。赤い光の部屋へ

    コウモリの登場です。コウモリは夜行性なので、赤い光の部屋で飛行の様子を観察します。人間には聞こえない超音波を特殊な計測器を使って測定。大学院生たちがコウモリを持って登場すると、生徒達は飛行の様子を見逃すまいとして仕切り網ギリギリまでにじり寄り、網から離れるように注意される一幕も。
    いざ、コウモリ実験。赤い光の部屋へ
  • データ分析には僕らの授業も役立つ!

    そのデータを隣の研究室で分析していきます。
    研究室での分析では、数学の授業で習ったグラフ作りが、研究の場で役立つことに生徒たちは驚愕! 「折れ線グラフって大学でも使うんだ」という声も聞こえてきました。
    データ分析には僕らの授業も役立つ!
  • 移動中
  • 人間の体にも
    電気が流れている!?

    ここでは、筋電位を測定します。
    脳神経行動工学研究室では、筋肉を動かそうとしたときに生じる電気、筋電位についても研究しています。この技術は、心電図やリハビリテーションなど色々な医療分野で応用されているんだって。
    人間の体にも電気が流れている!?
  • 本当だ、
    体の中を電気が流れてる!

    講師である大学院生たちの指示のもと、腕にたくさんの電極を張り付けて、測定開始です。筋肉を動かす度に反応する測定機の表示に生徒たちは皆、一喜一憂。体に電気が流れている事が不思議で面白くて仕方がない様子。最新の設備で見えなかったものが見え、知らなかったことを知れる楽しさを実感しました。
    本当だ、体の中を電気が流れてる!
  • 移動中
  • コウモリの能力を応用した
    ロボット研究

    口や鼻から出した超音波の跳ね返りを耳で聞いて、周囲の空間を把握しているコウモリ。「その技術を応用したロボットを作って、よりコウモリの能力を理解し、応用していきたい」。生徒たちは大学院生達のそんな熱い思いに耳を傾けました。
    コウモリの能力を応用したロボット研究
  • ぶつからないロボットは
    コウモリがお手本

    先輩でもある院生の姿に親近感を覚えつつも、真剣なロボットの話には少し緊張。そんな体験の中で、将来の自分達の大学生活も少しリアルに見えてきたかも知れません。ロボットが動き出した瞬間、そして障害物をよけて進んで行く様子に、生徒達の目は一層輝きました。
    ぶつからないロボットはコウモリがお手本
  • Teacher’s Comment

    諏訪先生(中学3年生担任・数学科)
    ロボットが動き出した瞬間に生徒達の目が輝きだしたのが印象的でした。「動いた。動いた。障害物に当たらないんだ」と興奮しているのが伝わってきました。日々の授業でも、こちらが一方的に話しているより、こういう立体があるよ、こういう実験器具があるよという方が生徒の食いつきが違うのですが、今日の彼らはそれ以上に前のめりでした。また、筋電位の実験は、保健の授業で上腕二頭筋などの用語を覚えたばかりなので、違うジャンルの学問がリンクする感覚を知ることができてよかったと思います。普段おとなしい子がこういう分野に興味を持っていたんだとわかったり、学校とは違う表情を見ることができて楽しかったです。
  • ココロコミュ コメント

    大学のコウモリ研究室を訪問するツアー「コウモリに会いに行こう!」。取材前は、間近で見ることのないコウモリを見るためのツアーかと思っていましたが、実際のツアーはコウモリの力を応用した研究の紹介や、中学生が興味を持てる実験や体験を交えた充実の内容。現場でしか見聞きできない特別なツアーで、生徒たちの楽しそうにときめく様子が印象的でした。こうした現場での学びを積み重ねることによって、自分の興味関心を広げ、将来につなげていく。そんな同校が重視するプロジェクトの真価が垣間見えました。

    → 同志社中学校の学びプロジェクトわくわく特別講座・ときめき課外授業
プール学院中学校・高等学校 ホームページ
同志社中学校 ホームページ
http://www.js.doshisha.ac.jp/jhs/
<a href=http://cocorocom.com/labo/school/18.php>同志社中学校</a>
スペシャルコンテンツ
お問い合わせ
Copyright(C) cocorocom. All Rights Reserved

PAGE TOP