TOP » イベントレポート » 新たな視点や興味を持てる海外修行旅行

大阪学芸中等教育学校では、教育目標とする“国際社会で活躍する人材の育成を実現する”ために、様々な取り組みを行っています。
3年生(中学3年生)ではオーストラリアへ1週間の「海外研修」。観光やアクティビティーを体験するほか、現地の高校生と交流する刺激的な研修で、生徒たちは自身の英語力やコミュニケーション力と向き合う機会を得ます。その後、5年生(高校2年生)では、イギリス(ロンドン)、フランス(パリ)、イタリア(ローマ)の3国を巡る9日間の「海外修学旅行」が行われます。生徒たちは異文化に触れる中でさまざまな感動を味わう一方、オーストラリアとは異なる新たなコミュニケーションの壁やヨーロッパという歴史と文化に富んだ地域の実状に接して、多くを考え、振り返り、新たな想いを抱くのです。
そんな「海外修学旅行」の2013年度の様子を写真で紹介すると共に、5年生の生徒にその海外体験や自身の成長について話を聞きました。
イギリス・ロンドン
バッキンガム宮殿、大英博物館・ナショナルギャラリーなどの名所を訪れるほか、「班別自主研修」では現地の学生と共に、事前調べで計画してきた興味のある場所を班ごとに観光。イギリスの名物料理フィッシュ&チップスも味わって食文化にも触れる。現地の学校訪問では、さまざまな学年の生徒たちに触れ合うことで、異文化交流を図る。
ロンドンからパリまで国際列車ユーロスターで移動。観光名所であるエッフェル塔、凱旋門などに加え、多数の傑作を観賞できるルーブル美術館、バロック建築の代表ベルサイユ宮殿など、パリならではの文化や芸術を満喫する。パリでも現地学生とコミュニケーションを取りながら「班別自主研修」を行い、パリの街を巡り、市民の生活を肌で感じながらフランス語でのコミュニケーションにも挑戦する。

イタリア・ローマ

イタリアの首都・ローマでは、神殿パンテオン、ナヴァーナ広場、巨大な人工の泉トレヴィの泉、古代ローマの遺跡フォロ・ロマーノ、円形闘技場コロッセオ、ローマ市庁舎など、多くのローマの名所を観光。また、ヴァチカン市国でサンピエトロ大聖堂やヴァチカン美術館にも訪れる。古代の文明や歴史、さらには宗教など、教科書の中に広がっていた世界を楽しみながら、同時に現代のローマの街を散策して異文化を体験する。
<a href=http://cocorocom.com/labo/school/32.php>大阪学芸中等教育学校</a>
スペシャルコンテンツ
お問い合わせ
Copyright(C) cocorocom. All Rights Reserved

PAGE TOP