TOP » 学校力レポート » 園田学園中学校「これからの女性に必要な内面的な美と生きる力を育む女性の学び[女性学]」

これからの女性に必要な内面的な美と
生きる力を育む女性の学び[女性学]

UPDATE:2015年5月25日
園田学園中学校 学校力レポート これからの女性に必要な内面的な美と生きる力を育む女性の学び[女性学]
「明るく、清く、正しく、強く」の校訓のもと、70年以上にわたり時代が求める女子教育を実践してきた園田学園中学校・高等学校。同校が「社会、企業、家庭と、あらゆる場面で活躍することが求められる次代の女性に必要な価値ある教育を」と、2010年度より取り組んでいるのが『女性学』です。中学生では挨拶などの基本的なマナーと日本の伝統文化を、高校生では社会的なマナーや品格ある立ち居振る舞い、社会の中で自立した女性として生き抜く視点を養うカリキュラムが用意されている同校の女性学。今回は、その女性学の授業の様子と、姉妹で園田学園に通う岸本姉妹とお母様にこの取り組みの魅力についてうかがいました。

豊かな知性と教養
美しい品格を持った女性を目指す
女性学カリキュラム

中学校3年間で、茶道・華道・書道・着付け・短歌俳句・伝統マナーを全て履修。様々な日本の伝統文化に触れ、親しむ中で、女性としての所作や内面的な女性美を育みます。高校3年間では、お茶の入れ方、電話対応、テーブルマナーなど暮らしで役立つ実践的な女性力を身につけていきます。通常の科目授業とは異なる時間ですが、将来1人の女性として生きていくうえで、とても大切になる品位品格を育てる貴重なカリキュラム。生徒たちも真剣に取り組み、人として大きく成長していくようです。
中学2年生の「短歌俳句」。心地よい短歌のリズムが響く中、生徒も先生も言葉の美しさを真剣に考えます。
中学2年生の「短歌俳句」。心地よい短歌のリズムが響く中、生徒も先生も言葉の美しさを真剣に考えます。
中学2年生の「短歌俳句」。心地よい短歌のリズムが響く中、生徒も先生も言葉の美しさを真剣に考えます。
中学3年生の「書の作法」。一人ひとりの生徒に寄り添って教える指導で、力強くペンを握り一文字一文字書き上げる姿が印象的です。
中学3年生の「書の作法」。一人ひとりの生徒に寄り添って教える指導で、力強くペンを握り一文字一文字書き上げる姿が印象的です。
中学3年生の「書の作法」。一人ひとりの生徒に寄り添って教える指導で、力強くペンを握り一文字一文字書き上げる姿が印象的です。
中学3年生の「着付け」。着物の着方だけでなく、日本人女性としての奥ゆかしい立居振る舞いなども学ぶことができます。
中学3年生の「着付け」。着物の着方だけでなく、日本人女性としての奥ゆかしい立居振る舞いなども学ぶことができます。
中学3年生の「着付け」。着物の着方だけでなく、日本人女性としての奥ゆかしい立居振る舞いなども学ぶことができます。
中学3年生の「着付け」。着物の着方だけでなく、日本人女性としての奥ゆかしい立居振る舞いなども学ぶことができます。
高校1年生の「茶道」。お点前、お茶のたて方はもちろん、「わびさび」の世界を知り女性としての品格を学ぶ授業です。
高校1年生の「茶道」。お点前、お茶のたて方はもちろん、「わびさび」の世界を知り女性としての品格を学ぶ授業です。
高校1年生の「茶道」。お点前、お茶のたて方はもちろん、「わびさび」の世界を知り女性としての品格を学ぶ授業です。
高校1年生の「華道」。美しい花に囲まれる中、花の魅力を捉えデザインやセンスも学べる授業になっています。
高校1年生の「華道」。美しい花に囲まれる中、花の魅力を捉えデザインやセンスも学べる授業になっています。
高校1年生の「華道」。美しい花に囲まれる中、花の魅力を捉えデザインやセンスも学べる授業になっています。
高校1年生の「華道」。美しい花に囲まれる中、花の魅力を捉えデザインやセンスも学べる授業になっています。
<a href=http://cocorocom.com/labo/school/116.php>園田学園中学校</a>
スペシャルコンテンツ
お問い合わせ
Copyright(C) cocorocom. All Rights Reserved

PAGE TOP