TOP » 学校力レポート » 帝塚山学院泉ヶ丘中学校 「"あこがれ"を実現に近づける特色ある取り組み -キャリア教育[職業体験]プログラム-」

帝塚山学院泉ヶ丘中学校高等学校 学校力レポート

帝塚山学院泉ヶ丘中学校高等学校は、「あこがれは 遠く高く」というスローガン(標語)を掲げています。これは校歌である『泉ヶ丘讃歌』の一節だそうですが、生徒たちがこのスローガンを抱いて実現に向かっていけるような特色ある取り組みが、同校には多数用意されています。
中でも、中高6年一貫コースの中学3年生を対象に約1年をかけて行うキャリア教育(職業体験)は、進学校としての歴史を積み重ねてきた泉ヶ丘校ならではの意欲あふれる教育プログラム。今回はこのキャリア教育の重要性や、進路に対する同校の指導方針について、脇田忠昭校長に話をうかがいました。

学びながら成長するプロセス 自立できる環境づくりを目指す

脇田忠昭 校長
脇田忠昭 校長
今年で3年目を迎える同校のキャリア教育。生徒の興味や好奇心を尊重しながら将来と真剣に向き合う機会を、職業体験を通して与えるプログラムは、生徒たちにとって貴重な成長の場となっているようです。こうした取り組みをスタートさせた根底には、進学校としての人間教育の在り方を追求する同校の強い想いがあります。


「進学校の場合、生徒本人よりも進学する大学・学部・学科、合格者数が重視されてしまう傾向があります。しかし、そうなると一人ひとりが持っている個性を、全く活かせていないことになってしまいます。本校は全人教育を目指していますから、進学校であっても最終目標を進学先にするのではなく、生徒がどういう考えを持って大学に行き、何を学びたいのかを大切にしたいと考えました。いろんな体験の中で考える力をつけ、生徒自らが学びながら成長するプロセスや自立できる環境づくりを目指したいと思ったのです。そこで、他とは異なるキャリア教育を考えました。一般的な社会見学では参考程度にするだけで、それを活かして将来につなげていくという大事な部分が欠けると思いましたので、生徒が考え行動する職業体験を軸にしたプログラムに、ほぼ1年をかけて取り組むことにしたのです。」

キャリア教育の目的は 生徒の可能性の芽を摘まないこと

田辺三菱製薬での下見訪問
田辺三菱製薬での下見訪問
キャリア教育は中学3年生で行われます。その1年は、職業体験に訪問したい企業や団体を決めるアンケート調査からスタート。生徒によるキャリア教育委員会が立ち上がると、決定した企業や機関へのコンタクトや下見訪問を行い、事前調査を進めていきます。さらに、体験先ごとに分かれたグループで事前調査を反映した入念な事前学習や準備を行い、1日目は大人数グループ、2日目は少人数グループで職業体験本番へ。最後に職業体験発表会が催され、1年間のキャリア教育が完結します。


大和ハウスへの職業体験
大和ハウスへの職業体験
「中学3年生でキャリア教育を行うのは、受験勉強をするための先を見通した目標を早い段階で確立させたいからです。生徒自らが考え、調べ、体験して発表するプロセスが大切で、その中で自分たちがイメージしていた仕事と実際の仕事の違いを知り、いろんな職業があることに気づき、それが自分の将来とどうつながっていくのか、自分がどう成長するべきなのかを考えてこそキャリア教育です。訪問先にはたいてい本校の卒業生がいますから、活躍している先輩の姿を見せれば、自分にも同じ可能性があることに気付きます。キャリア教育の目的は、本来生徒が持っている可能性の芽を摘んでしまわないことだと思いますね。」


近畿大学附属病院での職業体験
近畿大学医学部附属病院での職業体験
職業体験先と生徒がしっかりとコミュニケーションを取りながら、本番に向けた調査や打ち合わせを行う下見訪問。その内容を校内での事前学習に反映して、生徒たちの考えや疑問を膨らませて本番を迎えることで、先方にも積極性や熱意が伝わり、より効果的な職業体験に結びつくそうです。
また、下見訪問や職業体験本番には、保護者からも参加を募り、家庭で将来について話し合う機会を増やし、保護者が職業に対する視野を広げられるようにと配慮されています。締めくくりの職業体験発表会では、貴重な体験によって得た将来につながる思いを後輩たちに向けて発表することで、下級生にもキャリア教育が始まっていきます。

先を見通した目標ができると 勉強に打ち込む姿勢が変わる

事前講演会
事前講演会
職業体験前には、卒業生や保護者による仕事についての事前講演を開催して、働くことに対する意識づけや動機づけを行っていきます。創立から32年目を迎え、卒業生がさまざまな職業に就いて活躍している同校。先輩の卒業後の歩みや仕事に対する意識を聞くことで、働くことに興味を持つ生徒も多いといいます。


「先輩が話をすると、生徒の反応は全く違いますね。自分たちも頑張ればこうなれるかもしれないとあこがれを持ち、同じ学校で学んだ先輩たちがどういった進路を選んで今があるかを聞くことで、将来に対する意識が変わり、目標も具体的になっていくようです。中学生ではイメージできる職業が限られていて、働くこともイメージとは違うものであることが多々あります。特に一般的なサラリーマンとして働くことがイメージできないようですね。しかし、実際に先輩の話を聞き、働かれている現場で職業体験をすると、職業や働くことを思い描けるようになってきます。そうして初めて、行きたい大学・学部・学科が見えてくるのです。細かい先を見通した目標ができると、勉強に打ち込む姿勢も大きく変わってきます。」


事前講演会
事前講演会
職業体験を受けた生徒にアンケート調査をした結果、中学3年生では「目指している大学・学部名」を記入した生徒は24%でしたが、職業体験を受けた高校1年生では60%になりました。また、「将来就きたいと思っている職業」も、「ある」と明確に答える生徒が着実に増えたそうです。

自立した社会貢献できる人物を 育成するために

職業体験発表会
職業体験発表会
「今、卒業生はいろいろなところで活躍していますが、狭い世界で自分の利益のために働くのではなく、どうすれば社会に貢献できるかを考えて仕事に取り組んでいるようです。そうなるためには、中高のときに将来に対して真剣に向き合い、自分の中に蓄積できるような取り組みを行うことが大切ではないかと思うんですね。キャリア教育とは、大学進学が最終目標ではなく、どのような考えを持って、選択をして、将来どうなろうと思うのかまで考えさせることです。大学で学んだことが、将来社会でどう活かされるのかまで見通してこそ進路です。しかも最終的には自立した社会人になり、社会に役立てる人になることが重要で、それらを考えてこそ初めてキャリア教育は成り立つのです。そういう進路を本校では望み、本当の意味でのキャリア教育をより早い段階から行っていきたいと考えています。」


職業体験を壁新聞に
職業体験を壁新聞に
最終的には将来や生き方にまで結びつくキャリア教育で、生徒が目指すべき進路に気づかせ、手厚くフォローする帝塚山学院泉ヶ丘校。同校の特色あふれる取り組みによって育まれる生徒たちの今後の活躍に、期待が高まります。

帝塚山学院泉ヶ丘中学校 ホームページ
帝塚山学院泉ヶ丘中学校 ホームページ
http://www.tezuka-i-h.jp/
<a href=http://cocorocom.com/labo/school/154.php>帝塚山学院泉ヶ丘中学校</a>
スペシャルコンテンツ
お問い合わせ
Copyright(C) cocorocom. All Rights Reserved

PAGE TOP