TOP » 学校力レポート » 大阪学芸高等学校附属中学校 新しい環境に飛び込んで、吹奏楽部のモットー「吹いて・奏でて・楽しむ」を感じてほしい

吹奏楽部生徒&先生インタビュー

UPDATE:2015年12月09日

新しい環境に飛び込んで、吹奏楽部のモットー「吹いて・奏でて・楽しむ」を感じてほしい

2016年春に開校する大阪学芸高等学校附属中学校。大阪学芸高等学校と同様に「21世紀型教育」を掲げ、リーダー的役割を担う人間教育を行なうほか、高等学校で盛んな部活動に新中学生が入部できるのも大きな魅力となっています。数ある部活動の中でも、この5年でコンクールで金賞を何度も受賞するなど、大きな飛躍を果たした吹奏楽部にフォーカス。新中1生を迎えるにあたっての想いを、企画委員を務める高校生3人と顧問の小本和志先生にお聞きしました。

INTERVIEW

佐藤さん(高校2年生・特進コース)廣山くん(高校2年生・特進コース)大嶋さん(高校1年生・進学コース)

先輩と後輩の距離が近いアットホームな吹奏楽部

ココロコミュ
大阪学芸高等学校の吹奏楽部はどんなクラブですか。
佐藤さん
いい意味で先輩と後輩の距離感が近いクラブだと思います。私自身、後輩から怖い存在だと思われるのがイヤなので、しゃべりやすい空気を練習内で出すように心掛けていますね。また私からも積極的に後輩に話しかけるので、すぐに打ち解けます。
廣山くん
本当に先輩と後輩の仲が良いですね。先輩・後輩の区別はしっかりと付けるのですが、後輩から「もっとこうしたいんです」という意見が言えるような環境です。演奏の指導に関しても、じっくりと後輩に丁寧に行ないます。ただ「絶対にこうしなさい」と決めつけて指導するのではなく、「こんな奏法もあるよ」「アナタはどうしたいの?」と、選択肢を与えて自分で考えさせるのも重要だと思っています。実際に後輩自身がやってみて、良かったらその奏法を続けてもらえば良いし、納得いかない場合は違う方向へシフトして考えてもらえれば良いですね。
今は高校生だけの吹奏楽部
今は高校生だけの吹奏楽部
大嶋さん
先輩と後輩の上下関係がちゃんとありつつ、みんな仲良く部活に取り組んでいるのが吹奏楽部の良いところです。クラブが終わった後も楽しくお話したり、休日でも集合して遊びに出掛けたりと、プライベートでも先輩方には仲良くしていただいてます。

新入生には新しい空気や
フレッシュな考えを期待

ココロコミュ
新中学生を迎えるにあたっての想いを聞かせください。
佐藤さん
中学生が入部するとき、私は高校3年生になっています。学年の差は確かに大きいのですが、年齢を気にせずアットホームな雰囲気を部内で作っていきたいですね。なおかつ、コンクールなどの結果も追求していきたいです。中学生からすると慣れない部分が多少出てくるかもしれませんが、その不安をコミュニケーションで取り除いていきたいですね。
廣山くん
中学生が入部することで、新しい空気を作ってもらえるのではないかと期待しています。新中学生ならではのフレッシュな考え方が入ることで、新しい吹奏楽部のサウンドが生み出せたら良いですね。
次のコンクール表彰は、中高吹奏楽部で!
次のコンクール表彰は、中高吹奏楽部で!
理想は1年に一度開かれる定期演奏会のほか、その他のコンクールでも「またこの吹奏楽部の演奏を聴いてみたい」と感動してもらえるような音を奏でることです。
大嶋さん
高校生ばかりのクラブに中学生が入部することは勇気が必要だと思いますが、私たちは必ず温かく出迎えます。楽器を演奏する楽しさだけでなく、後輩の悩みもしっかりとフォローするなど、クラブに来る楽しみを見出せるように先輩である我々が頑張らないといけないと思っています。

人との関わり・出会いを大切に充実した毎日が過ごせる

ココロコミュ
来年4月に入部する新中1生へメッセージをお願いします。
佐藤さん
吹奏楽は文字通り「吹いて・奏でて・楽しむ」をモットーにしています。新しい環境に飛び込むのは不安だと思うのですが、そのモットーが存分に感じられる部なので気軽に吹奏楽部の門をたたいてください。また人との関わり、出会いを大切にしているのも吹奏楽部の強みです。この経験は将来につながって、大きなものを得られると思います。私自身、吹奏楽部に入る前は人見知りが激しくて大人しい性格だったのですが、入部してからは根っから明るくなれました。
廣山くん
吹奏楽部を通して、いろいろなことが得られます。僕の場合、相手のことを思いやる重要性を教えられました。中学生の頃は野球部に所属していて、後輩を強引に言い伏せたこともありましたが、今ではたくさんの人とふれあい、ちゃんと話し合いを持ったうえで部活に取り組むなど、相手のことを考えるようになりました。厳しくて大変なことも確かにありますが、その貴重なことも同時に体験できますので、ぜひ入部してください。
共に練習する日が楽しみ
共に練習する日が楽しみ
大嶋さん
吹奏楽部というと難しい活動をしているクラブだと思われがちですが、入ってみると楽しいことばっかりです。充実した毎日が送れるので、ぜひ吹奏楽部に入部してください。
1
2
<a href=http://cocorocom.com/labo/school/158.php>大阪学芸高等学校附属中学校</a>
スペシャルコンテンツ
お問い合わせ
Copyright(C) cocorocom. All Rights Reserved

PAGE TOP