TOP » 学校力レポート » 上宮中学校・高等学校保健室特集

保健室特集 憩いの場紹介&養護教諭インタビュー

UPDATE:2015年12月03日
仁川学院中学校「仁川学院生の代表として海外で成長する1年間」

大阪の私立中学・高校の中でも、五指に入る生徒数を誇るマンモス校である上宮中学校・高等学校。こちらの保健室には体調不良や怪我の応急処置以外に、「え?そんなことまで?!」という相談が舞い込みます。でも、そこには先生たちの思惑があるようです。今回は、相談の場、和みの場として生徒たちに愛される保健室の秘密を「保健室の先生」こと養護教諭の3人の先生の取材から探ります。

仁川学院中学校「仁川学院生の代表として海外で成長する1年間」 応急措置スペース 器具棚 談話スペース 談話スペース 身長・体重・座高計 事務机 本棚 談話スペース 談話スペース ベッドルーム

Teacher's Profile

蟹山 喜代美 先生
蟹山 喜代美 先生
小学校の時に優しかった保健室の先生に憧れ、自らも養護教諭の道へ。
平成3年より同校勤務。
三田 朱香 先生
三田 朱香 先生
小中高と学校が大好きだったことと、その中でも生徒が元気でいられる手伝いがしたいという思いから養護教諭を志し、平成22年より同校勤務。
黒川 悦子 先生
黒川 悦子 先生
幼稚園の先生を志していたが、高校受験の時に介護や看護も視野に入れたのがきっかけで、養護教諭の仕事に魅力を感じ、平成26年より同校勤務。

親でも友人でも担任でもない
“保健室の先生”という存在

保健室には1日にどれくらいの生徒が訪れますか。
取材中、「先生~!ズボンが破れて立ち直れません!」と本当に生徒が駆け込んできました。
取材中、「先生~!ズボンが破れて立ち直れません!」と本当に生徒が駆け込んできました。
蟹山先生【蟹山先生】
ベッドの利用者や怪我の手当て、それから相談などに訪れる生徒は、平均して1日に50人くらいだと思います。身長を測りに来るだけの生徒や、付き添いやアイシング(氷で身体を局所的に冷却すること)などの継続で訪れる生徒はカウントしていませんから、実際の出入りはもっと多いですね。他にも、制服を汚してしまったとか、ズボンが破れたので、何とかしてくださいと頼みに来る生徒もいます。
保健室に先生が3人いるのは、多い方なのでしょうか。
蟹山先生【蟹山先生】
一般的に、3人だと多く思われるかもしれませんが、本校は大阪でも有数のマンモス校なので、2400名程いる在校生に対して、3人は少ないというのが実感です。
生徒たちの相談役として、先生たちの間で役割分担はありますか。
三田先生【三田先生】
私たちの方では特に意識してはいません。こちらからは対応に差が出ないように、3人で情報共有をして生徒に接していますが、生徒側からは内容によって、誰が話しやすいとかはあるかもしれませんね。
いまどきの中高生はどんなことを悩んでいるのですか。
三田先生【三田先生】
やはり友人関係の悩みが多いですね。仲直りができないということが多く、当事者同士がバラバラに保健室に相談にくることもあります。あとは家庭の問題や、体調についての悩みもあります。
黒川先生【黒川先生】
すごく深刻な、待ったなしの相談もある一方で、こんな些細なことでそこまで泣く?ということや、本人同士で話をすれば解決しそうなことを悩んでいるということもあります。
どうして当事者同士で解決できないのでしょうか。
蟹山先生【蟹山先生】
心が脆弱なのでしょうね。よく言えばガラス細工のようで、一方ですごく無神経だったりします。傷つきたくないという思いが強いので、それ以上の話し合いを放棄してしまうことがあります。
保健室を挟むことで、好転することもありましたか。
黒川先生【黒川先生】
好転しているのかはわかりませんが、思っていることを話すことによって、少し心が軽くなるというのはあると思います。親にも友人にも担任にも打ち明けられない話をするには、親でも友人でも担任でもない私たちの距離感が良いのかもしれません。
三田先生【三田先生】
友人関係のトラブルの場合、私たちはどちらの言い分も聞けることもありますから、「そういう意味じゃないよ?」と先回りしてあげることもできるように思います。
相談がある場合は予約をして来室するのでしょうか。
蟹山先生【蟹山先生】
いえ、大概はふらりとやってきます。当事者のどちらも来るような場合は、こちらが気を利かせて時間をずらすこともあります。普段は予約をして話をすることはないのですが、特別な場合は教育相談といって、学内で臨床心理士のカウンセリングを受ける時間を設けることも可能です。また、提携している心療内科や精神科を紹介することもできます。
提携の病院や臨床心理士がいることのメリットはなんでしょう。
蟹山先生【蟹山先生】
これは保健室だけでは抱えきれないという場合や、医療につなげないといけないという場合に、専門家を紹介するのですが、学校と提携していることの最大のメリットは情報が学校にフィードバックされ、こちらの情報も専門家に提供できることだと思います。学校ではこういう状態です、保護者の困り事はこんな内容です、ということを事前に連絡しています。そうすると、専門家はそれ以上のことを聞き出してくれるので、保護者も、担任にも、情報が守られながら、必要な情報を共有でき、周囲が一体となって生徒をフォローアップしていくことができるんです。これは、数ある私学の中でも少ないことだと思います。

困ったときは
「とりあえず、保健室へ」

悩みがある生徒が相談に来やすいように、取り組んでいることはありますか。
蟹山先生【蟹山先生】
例えば、日常の些事であっても、どうしよう…となった時に、一回保健室に相談してみようか、となることが大事だと思うんです。それに応えていくことで、体のことや、友達関係のつまずきがあった時にも、保健室に聞いてみようってことになると思うので、日頃からのつながりを大切にしたいと考えています。
先ほどからひっきりなしに生徒が訪れていますが、生徒の対応以外でどんな仕事がありますか。
1か月分の請求書の束。恐ろしい厚みです。
1か月分の請求書の束。恐ろしい厚みです。
三田先生【三田先生】
実は事務処理がとても多いです。学校の管轄内での怪我の治療に対しては保険の請求もありますし、健康診断の結果の配布準備なども、生徒数が多いとそれだけ量も多くなりますからね。もちろん、事務作業があるからといって、生徒をなおざりにはしませんよ。
蟹山先生【蟹山先生】
それでも忙しい雰囲気が漂っている場合は、常連の生徒が「また次の時間にくるわ」と言って、察してくれることがあります。
黒川先生【黒川先生】
常連の生徒は、甘えてくることも多いですが、礼儀も正しいです。備品を運んだりする時に、力仕事を手伝ってくれる男子生徒もいますね。
この学校ならではの保健室の風景はありますか。
三田先生【三田先生】
中学も高校もみんなこの保健室に来るので、高校生が中学生に順番を譲ってあげていたり、心配して声をかけていたりする姿をみると、中高一貫の学校ならではだなと思います。
蟹山先生【蟹山先生】
三田先生は、よく「大きくなったなぁ!」と生徒に言っていますね。やはり生徒は嬉しいでしょうね。照れながらも喜んでいると思います。
三田先生【三田先生】
私がこの学校に勤め始めた年に中学に入学した生徒が、今年、高校3年生なんです。身長も小さくてすぐに泣いていた生徒が今では立派な高校生になって、年下の子の世話を焼いているのをみたら、「心身ともに成長したなぁ…」と、嬉しくなります。
体調不良や怪我の治療だけではなく、心のケアも重視している保健室が全国的に増えていくと、保護者の方も安心できるのではないでしょうか。
蟹山先生【蟹山先生】
学校説明会では、保健室について話すことはまずありませんし、私たちもアピールをするつもりはないので、保護者の方はご存じない部分が多いと思います。説明会では、まずは勉強ありきですし、進路指導や進学率、クラブ活動などがメインになって当然だとは思うのですが、お子さんがつまずいた時にちょっと休養するところが本校にはあるということを知っていただければ嬉しいです。昔であれば、病気や怪我以外で保健室に行くなんて逃げている、サボっていると思われていた節もありますが、大人だってしんどい時はあるのだから、子供が休養するのも認めてあげてくださいね、と言いたいです。ちょっと横になったり、お喋りをしたりするだけで、楽になって教室に戻れるのだったらいいんじゃないかなと思います。
今後はどのような保健室を作っていきたいですか。
黒川先生【黒川先生】
生徒たちが、入ってきた時より少しでも明るい顔や、明るい気持ちになって出ていけるようにしたいと思います。
三田先生【三田先生】
気軽に入っていける雰囲気は、これからも大切にしていきたいと思います。
蟹山先生【蟹山先生】
日常的なことでも、何か困ったことがあった時に、「とりあえず、あそこに行こう」と思ってもらえる保健室にしたいなと思います。先ほどの話と重複しますが、そうすることで、本当に助けが必要な時にもひとりで抱え込まずに助けを求められるし、そういうものは生きていくうえで必要な力につながっていくだろうと思います。
休み時間に訪れる生徒と先生方のやり取りには、「あそこにいけば何とかしてもらえるかも」という生徒からの信頼と、それに応えていこうとする先生たちの絆が感じられ、素晴らしかったです。親でも友人でも担任でもない独特の立場から6年間も見守ってくれる人がいるというのは、生徒にとって非常に心強いことだと思います。健やかであるべきは体のみあらず、そんな信念がうかがえる保健室取材でした。
金蘭会高等学校・中学校 ホームページ
上宮中学校・高等学校 ホームページ
http://www.uenomiya.ed.jp/
<a href=http://cocorocom.com/labo/school/29.php>上宮中学校</a>
スペシャルコンテンツ
お問い合わせ
Copyright(C) cocorocom. All Rights Reserved

PAGE TOP