TOP » 学校力レポート » 大阪学芸中等教育学校 「絞り込むのではなく幅を広げることが大切」

大阪学芸中等教育学校は2013年度からコースを大きく改編し、カリキュラムの見直しを含めた大規模な改革を計画している。学習面の充実とともに昨年度から見直されているのが「キャリア教育」だ。今回は進路指導部の良本先生に大阪学芸が実践している「キャリア教育」に関して話を伺った。
■月1回のペースで行う体験学習「RYS(学問探求団)」
▽ 昨年度から始まった「RYS(学問探求団)」の具体的な内容を教えてください。
良本完爾先生
良本完爾先生
RYS(学問探求団)とは「論より証拠」をスローガンに、企業や大学に直接出向いて施設見学や実験演習を行う体験学習です。
昨年12月からスタートし、ほぼ月1回のペースで現在までに11回実施されています。総合病院で実際の業務を体験する「1日看護体験」や、多くのニュースで取り上げられたスーパーコンピューター「京」を「理化学研究所」に見に行く取り組みなど、ジャンルを絞らず多くの企画がこれまでに実施されてきました。
生徒自身の知的好奇心を高めたいという目的で、強制参加ではなく希望者を募って長期休み前やテスト期間終了後に実施しています。
     これまでの活動内容一覧  (2011年12月~2012年10月)
  1. 海底に沈む未来を照らしだせ(施設見学&講義):京都大学工学部工学科
  2. 遺伝子組み換え実験を体験しよう:大阪ハイテクノロジー専門学校
  3. 医師体験:淀川勤労者厚生協会西淀病院
  4. 裁判ってなんだ?(裁判の傍聴):大阪弁護士会館・大阪地方裁判所
  5. 金環日食観測:長居公園
  6. 1日看護体験:加納総合病院等
  7. 太陽光発電開発の現状と環境親和性(施設建学&講義):大阪府立大学
  8. 新聞が我が家に届くまで(新聞社の見学):朝日新聞社大阪本社
  9. 海外旅行擬似体験:ECC国際外語専門学校
  10. 環境をコンピューターでシミュレーションする(施設見学&講義):大阪大学工学部
  11. スーパーコンピューター京見学:理化学研究所・神戸研究所

■月1回のペースで行う体験学習「RYS(学問探求団)」
▽ 「RYS(学問探求団)」をはじめてから生徒たちに変化はありましたか?
将来の夢を具体的に考え行動に移す生徒が増えました。日頃から「勉強は大切」と教えていても、本当の意味を理解できている生徒は多くありません。しかし、「今の勉強をしっかりすることが大切。理系でも国語力は必ず必要になるから、様々な分野の勉強は必ず役に立つ」など、高度な研究をしている大学教授や、社会の一線で働く人々から発せられる言葉にはとても説得力があります。机上の空論ではなく実際に目にし、体験することで「今必要なことは何か」を見つめ直すきっかけとなるようです。
また、RYSは全学年対象の企画も多くあります。中学1年から高校3年までの6学年が一緒になって行動することで、先輩後輩の仲も深まりクラス外でのつながりを持つ生徒が増えました。コミュニケーションを学ばせる機会にもなると考えています。

▽ 校外秘の冊子「ドリカムプラン」には入試に役立つ凄いデータが満載!
  とお聞きしたのですが、内容を一部教えていただけますか?
「ドリカムプラン」は毎年刷新しており、今年は新たにRYS活動報告レポート、定期考査平均点とセンター試験得点率との相関図、私立大と国立大の4年間の学費比較などの情報が加わりました。 「私のドリカム履歴書」の内容が個人情報に大きく関わるので校外秘扱いにしています。
「私のドリカム履歴書」には、先輩たちのセンター試験の点数、ベネッセ模試学習到達ゾーンの推移、受験校と合否、在学中の検定取得履歴のデータ、志望校決定時期と志望動機、勉強法、在学中の学習計画、大学の時間割、大学生活についてなどを掲載しています。
細かな入試データを掲載していますが、この冊子を通して伝えたいことは大学に受かる為の方法ではなく「先輩たちがどんなビジョンを持って6年間を過ごしてきたか?」ということです。ドリカムプランに登場するのは、「将来的にこんな仕事に就きたくて、そのために〇〇大学の〇〇学科で勉強したい!」という強い意志を持っていた先輩たちばかりです。
ネームバリューで大学を選ぶのではなく、本当に自分の行きたい大学を選ぶきっかけになればいいと考えています。


私のドリカム履歴書
▽ 卒業生の協力体制について教えてください
今日のとくダネ
「ドリカムプラン」の取材協力、共有を目的とした入試データの蓄積、座談会への出席など、本校の生徒は卒業してからも、後輩のために積極的に協力してくれています。昨年東京大学へ進学した先輩は大学の試験期間中にも関わらず、本校を訪れ在校生との座談会に参加してくれました。「私のドリカム履歴書」の取材にも皆快く応じてくれます。在学中、自分たちも先輩に助けていただいたという感謝の気持ちがあるからこそ、強い協力体制が伝統として続いているのだと思います。
▽ 「ドリカムプラン」には他にどのような情報が載っているのでしょうか?
入試関連の情報以外に、「働くってなんだろう?」をテーマにしたコラム、自己分析、RYS(学問探求団)のレポートなど、キャリア設計に役立つ情報を多く載せています。特に「自己分析」を書き込むページでは、誕生から現在までの背景やエピソード、10年後、20年後の将来像、家族構成など、細かな自己分析を書くスペースを設けています。夏休み期間中の宿題として書かせていますが、あらためて保護者と将来について話す機会にもなっているようです。




<a href=http://cocorocom.com/labo/school/32.php>大阪学芸中等教育学校</a>
スペシャルコンテンツ
お問い合わせ
Copyright(C) cocorocom. All Rights Reserved

PAGE TOP