松蔭中学校・高等学校図書館

1957年に大学と共同で図書室として開室し、中高の図書館としては1969年に発足した歴史ある松蔭中学校・高等学校図書館。現在の場所には、学校の90周年事業として1980年に移築されました。蔵書数は10万冊を超えており、近年では司書を4人に増員、レファレンスにも力を入れています。ワークショップや読書会など、季節感や作品の世界観を取り入れたイベントを開催するなど、生徒たちの憩いの場としても人気の松蔭の図書館を取材しました。
ピーノちゃんprofile
2013年の文化祭でお目見えした松蔭中学校・高等学校の公認ゆるキャラ。当時高校3年生の竹丸彩花さんがデザインし、仮に「松蔭ちゃん」と名付けられたキャラクターの名前を募集した結果、イタリア語で「松」を意味する「ピーノ」に決定した。大学特講で来校したくまモンに出会ったこともある。(2015.12.01)
Library Guide
様々な工夫が凝らされた松蔭中学校自慢の図書館を写真で解説
- banner1
Close Me!

生徒・教職員からも人気が高い映画のフライヤーコーナー。気軽に図書館に立ち寄るきっかけになればというのが狙いです。

  • 入り口に立ったときに、奥まで意識が広がるような図書館全体が目に入ってくるレイアウトがこだわりです。目立つ場所にある新着本は、年間約2000冊超(雑誌を除く)を受入。

  • 松蔭のマスコットキャラクターのピーノちゃん。手には「007 SPECTRE」と「レインツリーの国」のフライヤーが。

  • 原作コーナーでは、映画化やドラマ化された作品をピックアップ。

  • レファレンスコーナーでは司書の先生が昼休みに常駐し、探している本の有無だけでなく、知りたい情報のためにはどんな書籍が適切かを教えてくれます。

  • 手前から奥にかけて新着図書が並ぶコーナー。月に200冊は入ります。図書館に入ってすぐの突き当りなので、最も目に入りやすい場所です。その並びに生徒たちが読みやすい中高書架が広がり、その奥に一般書架という風に、だんだん専門的になっていく配置です。

  • 昼休みや放課後の新着図書コーナーはご覧の通りの賑わいをみせます。

  • 図書館が毎月発行している広報紙「はと時計」と連動したコーナー。今回のテーマは「受賞作」。又吉直樹さんの『火花』の他、映像化されるものをピックアップするなど、生徒の興味を刺激する工夫が見られます。

  • こちらはリアルはと時計。5時46分で止まっているのは阪神淡路大震災当時のまま。

  • 毎月、テーマが変わる特集コーナー。バレンタイン前のお菓子のレシピ本特集や県立美術館の展示に合わせた特集なども人気。

  • 高校生の小論文の資料になることが多い新書はリクエストによる入荷も多いそう。

  • 語学以外に、歴史・哲学・産業・芸術など様々な分野の大辞典が揃う参考図書コーナー。

  • 司書以外の先生たちが買い付けに参加する「図書館の本を買いに行こう会」を年に1回実施。興味深いタイトルがズラリ。

  • 松蔭の先生や卒業生の活躍が見られるコーナーには写真家・澤田知子さんの作品集や美術の宮崎先生が取り上げられた書籍など。

  • 充実の美術架。一般的には閉架になるような貴重書も開架で閲覧でき、貸出も可能です。

  • 絵本の蔵書数も約2000冊と充実。保育士を目指す生徒や美術の授業で絵本作りをする際にもよく利用されています。

  • 名著の復刻版は装丁も魅力のひとつ。日本の小説や児童書の他、コールデコットの本やオズボーンコレクションなど、海外絵本の復刻版も揃います。

  • 1800年代の聖書。天地や小口もかつては金色だったことがうかがえる、非常に美しい装丁です。図書館創立当初からの蔵書です。

  • 読書会の参考図書コーナー。前回は『不思議の国のアリス』を取り上げました。

  • 全校読書運動では感想文以外の取り組みも盛んです。これは読んだ本のイメージを伝える帯を作った中学2年生の作品。

  • 約300枚所蔵のDVDは名作、旧作から最近のテレビドラマシリーズまで充実のラインナップ。著作権処理もされているので、上映も可能なものが多いです。

  • PC10台はこの図書館を気に入ってくれた元教職員の方からの寄贈。DVD鑑賞や、新聞記事検索やジャパンナレッジなどの調べものに利用されています。

  • 取材時は宗教週間で、図書館で不要となった図書を1冊10円以上で寄付を募り、シリア難民のためにUNHCRに寄付する取り組みが行われていました。

  • 広々とした閲覧スペース。自習室は別にあるので、ゆったり使えます。

  • 松蔭中学校の図書カード。年間貸出数50冊を突破するとゴールドにランクアップし、さらに高校で50冊を越えプラチナになると一度に10冊まで借りられるようになります。

<a href=http://cocorocom.com/labo/school/113.php>松蔭中学校</a>
スペシャルコンテンツ
お問い合わせ
Copyright(C) cocorocom. All Rights Reserved

PAGE TOP