洛星中学校図書館

洛星中学校・高等学校の学校正面入口となっている本館中央棟のロビー。そのすぐ前に「洛星LIBRARY」はあります。一般書41,000冊、文庫・新書14,000冊、大型本3,300冊他の開架書庫と、閉架書庫があり、コンピュータを利用した情報検索設備も完備。生徒も先生も静かなやすらぎを求めて訪れるという洛星の図書館を取材しました。
Library Guide
- banner1
Close Me!

校章の星形が印象的な図書館入口。明るく開放的な雰囲気です。

  • 校章の星形が印象的な図書館入口。明るく開放的な雰囲気です。

  • 入口を入るとすぐに、注目本が並びます。表紙を見せたレイアウトがこだわりです。

  • 図書委員が活躍する貸出・返却カウンター。休憩時間や放課後はにぎわいます。

  • 通常3冊ですが、5冊まで借りられる「PLATINUM CARD」。

  • 新着図書コーナー。人気が高く、座って読めることも魅力です。

  • 新着図書コーナー2。海外関連、宗教、英語など、わかりやすく配置されています。

  • 充実した自習&読書スペース。

  • 放課後には埋め尽くされる自習&読書スペース。お気に入りの定位置を決めている生徒もいるそうです。

  • 特集コーナー。取材時は、シリーズ『震災を考える(5)「震災」と「人」』というテーマで、様々な震災関連本が設置されていました。

  • 文庫本コーナー。図書委員会が年に1回の「文庫本買い出し」で購入してきた本も並び、人気作品が書店並に揃っています。

  • 幅広いジャンルから取り揃えられている雑誌コーナー。人気があるのは音楽雑誌。「鉄道ファン」「鉄道ジャーナル」や「時刻表」といった鉄道雑誌の支持率も高いそうです。

  • 鉄道好きな生徒と先生が多いため、書籍も鉄道関連は充実。

  • 異色な書庫として、楽譜も数多く揃えられていました。貸し出しは…?

  • カトリックの世界観・人間観に基づいた教えを大切にしている洛星だけに、聖書や教会などのキリスト教に関連本はかなりの蔵書数です。

  • 図書委員小野くんがこの図書室ならではの本と推薦してくれた「三国志演義」の上下巻。装丁の色味や具合が、年期と人気を感じさせます。

  • 気軽に読める座席スペースは人気で、生徒も先生方もよく利用します。

  • 卒業生が表紙の絵を描いたと持ってきてくれた本も、貸出図書になっています。

  • 図書館内を歩くと、つい配列順が気になってしまう!? 図書委員のメンバー。

  • 年に3~4号発行される「図書館月報」。「貸出ランキング」の他、「図書委員のオススメ本」では図書委員の熱い思いが伝わってきます。

<a href=http://cocorocom.com/labo/school/23.php>洛星中学校</a>
スペシャルコンテンツ
お問い合わせ
Copyright(C) cocorocom. All Rights Reserved

PAGE TOP