ココロコミュ

【豊島岡女子学園中学・高等学校】
生徒が祝う 生徒が魅せる 創立130周年

Slider
2022年5月に創立130周年を迎えた豊島岡女子学園中学・高等学校。4月27日には東京藝術劇場大ホールにて「創立130周年記念演奏会」が開催され、全校生徒・教職員で共に祝う席が設けられました。
ステージでは吹奏楽部・弦楽合奏部・コーラス部によるオーケストラや琴部による演奏、桃李連による演舞が披露され、進行は放送部が担当。また、130周年記念のグッズや記念誌、演奏会のプログラムデザインも有志の生徒が制作。豊島岡生の多種多様な活動や才能、主体性や課題解決のための行動力を再認識する機会であり、”生徒が祝い、生徒が魅せる“創立130周年になりました。
歴史・伝統におごることなく、生徒のために常に歩み続ける豊島岡女子学園らしさにあふれた創立130周年を紹介します。
創立130周年記念演奏会 レポ―ト
広いオープンステージと1999席の座席が圧巻の東京芸術劇場大ホールにて行われた豊島岡女子学園の「創立130周年記念演奏会」。同校の中学合唱コンクールでも使われる会場ですが、依然としてコロナ対策が求められる今、大ホールに2000人近い全校生徒と教職員が集まり祝えることには特別な感慨がわきます。先生や生徒代表の挨拶、鳩愛会(保護者)や鳩友会(卒業生)代表の方の祝辞にも、長い歴史をもつ豊島岡女子学園への誇りや感謝とともに、この時期に全員で式典を行えた喜びや祝いの言葉があふれました。
previous arrow
next arrow
Slider
記念演奏会の始まりは、吹奏楽部と弦楽合奏部にコーラス部が歌を合わせるという貴重なオーケストラセッション。披露された校歌は、当初の全体合唱の計画を断念したというものの、3クラブのハーモニーが圧巻です。続く「リフレイン」の2曲とともに観客を存分に楽しませてくれました。
次に琴部の25人が「夢の輪」を披露。琴曲に抱く古風で落ち着いたイメージを覆す、力強くも幻想的な音色は、130周年の祝いの場で演奏できる喜びと、全校生徒の前で披露するからこそ知ってほしい琴への熱い思いが伝わってくるようでした。
そして、東京都内で1校だけの阿波踊りのクラブである桃李連による演舞。笑顔を絶やさず元気に踊るパワフルな部員たちの熱い波動は、広い会場の端々まで届き、皆が魅了されました。
夢中になって打ち込む素晴らしさや仲間と支え合い作品を生み出す感動を伝えた記念演奏会。このクラブは一部ですが、十分に豊島岡生の多様性と可能性を感じさせてくれました。観客だった生徒たちも豊島岡女子学園が持つ個性や存在感を知る貴重な機会となったのではないでしょうか。
最後に竹鼻校長は「130周年を新たなスタートして自信と誇りを持ってチャレンジを続けていきます」と挨拶され、学園の長い歴史への感謝と今後の発展のためにと、全員での大きな拍手を誘われました。130周年も新たなスタート。そう捉えて前進する同校の輝きはますます増していきそうです。

4年前から準備された創立130周年に向けて、記念演奏会プログラムや記念誌の表紙も生徒がデザイン。

130周年記念グッズ制作委員 インタビュー?
130周年を迎えた豊島岡女子学園中学校・高等学校では、”生徒による生徒のため“の130周年記念グッズが制作・販売されました。有志の記念グッズ制作委員は、1年以上前に発足。130周年を祝い、生徒が喜んでくれることを目指して紆余曲折の制作期間を過ごした制作委員の4人が、貴重な経験やそれぞれの成長について話してくれました。
■ 向かって右から 高校2年 Hさん[ノート・メモ班チーフ]、高校2年 Kさん[付箋班チーフ]
高校2年 Tさん[ペン班チーフ]、高校2年 Oさん[ファイル班チーフ]
4つの班に分かれ
学年混合で制作
130周年の記念グッズ制作委員に参加したきっかけを教えてください。
Tさん
今までも記念グッズを作ったことはあるようですが、130周年では初めて生徒の手で生徒が欲しいものを作ろうとなったそうで、私たちが中3のときに先生からお声がけいただきました。130周年の記念事業に関われるという大変光栄なお話で、私たちが企画運営させてもらった学年イベント『集羽娯戦』(https://cocorocom.com/east/archives/8830)終了後の2020年12月にスタートしました。私たちで話し合いを重ね、途中でデザイナーを募集して、私たちそれぞれがチーフとなる4つの班に分かれて制作していきました。
Hさん
大好きな豊島岡の130周年という節目をお祝いしたいと思いました。企業と連携して制作のうえ販売もするということで、普段の学校では学べない貴重な経験ができそうだと思ったことも参加理由です。
Kさん
私は『集羽娯戦』を4人で作ったことがとても楽しく、自分自身も成長できたと思っているので、また4人で活動できるのがすごく魅力的に感じたからです。
Oさん
生徒が周年グッズを制作するという初めての試みに参加できること、自分が制作に関与したグッズを学校内外の多くの方に使っていただけることにワクワクしたからです。
さまざまな考えをまとめ
実現する難しさを知る
『集羽娯戦』は学年イベントでしたが、今回は他学年の先輩や後輩と一緒にグッズを作るということで、別の難しさがあったのでは?
Hさん
私は、他学年の人前で話をしたり、仕切ったりするのが苦手だったため、最初は戸惑いもたくさんありました。でも、3人の様子を見て「見習いたい」と思い、完成までの1年以上を頑張ってきて、最終的には話すことにも慣れ、良いものが作れたと思っています。
Kさん
私も班の人とのコミュニケーションについては反省があります。最初は、後輩に話しかけることができなくて悩み、多くのデザイナーと交流して彼女たちの希望を実現するのも大変でした。それでも最終的には良いと思えるグッズを出せたことが嬉しいです。
Tさん
私たちが高1のときに募集をかけたので、デザイナーの大半が後輩で中学生でした。今まで学校の委員会に参加経験がなく、絵を描きたいという気持ちが強い人が集まったので、最初の頃は会議も収集がつかない状態でした。でも、まずはそれぞれの考えを聞くことを大切に、できるだけみんなの希望を実現したいという思いでやってきました。もちろんできなかった企画も多々ありますが、班全員のデザインを商品化することができたので理想には近づけたと思っています。
Oさん
販売するファイルは、仕切りファイルとノーマルファイルの2種類に決まったのですが、制作途中はデザインできる範囲や色、価格の制約に苦労しました。紆余曲折があった中でデザイナーのモチベーションを保ち、描いてくれたものを活かすためにはどうすればいいかと何回も悩みました。
130周年記念グッズとして
みんなに使ってもらえるものを!
Hさんはノート・メモ班のチーフですね。豊島岡をイメージさせる絵が目立つ可愛い仕上がりですが、制作途中の楽しさや苦労はありましたか。
Hさん
デザイン考案時にはアドバイスしあい、時には意見が対立してしまうこともありましたが、苦労を乗り越える中で班のみんなとの絆が築かれていったように思います。
Kさんがチーフの付せん班はいろいろなイラストで選べる楽しさがあります。
Kさん
私の班は他の班と違い、何の文房具をグッズとして制作するかを考えるところがスタートでした。初めに提案したものはデザインまで進んだものの作ることができず、最終的にデザイン面積にある程度の自由度がある付せんを選びました。実現できなかったグッズに使用するはずだった絵をベースにした付箋もあります。デザイナー本人が表現したかったことが、違った形でも表現できて良かったです。
Tさんはペン班のチーフですね。4種類もあり、かわいい色が揃っています。
Tさん
文房具の中で一番個人のこだわりが出るのがペンだと思います。私も気に入ったシャーペンしか使わないので、みんなに気に入って使ってもらえるものを作ろうという大前提がありました。そこで人気のペンは何かを調べる市場調査から始め、色も100近くあるカラーバリエーションから選びました。中高生がよく暗記に使うオレンジを入れた結果、販売会でもたくさん売れて嬉しかったです。デザインはひと目で豊島岡とわかるものにすることがペン班の共通した認識で、ペンはデザイン範囲が狭いので制約は厳しかったですが、豊島岡の校章に使われている鳩や梅柏のマークを入れてオリジナリティが出るデザインを目指しました。
Oさんはファイル班のチーフですね。2枚で1つの絵柄が出来上がるなどアイデアが詰まっています。
Oさん
ファイル班は、班全体で作った実感があります。ノーマルファイルの表面をつなげると1つのデザインになる提案が出て実現を目指してきました。音楽系クラブの子が描いてくれた音符部分は、実は校歌になっています。また、仕切りファイルの豊島岡の校舎の上がフェイドアウトした絵は「これから先も続くよ」という周年を意識しています。デザイナーの案をさらにブラッシュアップして、より多くの方に喜んでもらえるようにと班全体で何度も話し合いを重ね、こだわれたことが良かったと思います。
やり切った!
この達成感は忘れられない
記念グッズを4月に販売すると、売り切れも続出したそうですね。
Tさん
最初の納品日に完成品を見たときの感動は忘れられません。可愛いと思いましたし、自信をもってお届けできると感じました。販売会では想像を超える人数の人たちに来ていただき、列が1階から4階まで伸びたほどです。受注生産になるほどの驚きの売れ行きになりました。制作途中には利益や予算、在庫の置き場所が課題となり、一度考えたものを白紙に戻したこともありましたが、たくさんの人に手にとっていただき嬉しかったです。
Hさん
第1回販売会後の「やり切った」という達成感は忘れられません。今までの苦労が報われたなと思います。
Kさん
私は販売会当日の誘導を担当していたので、たくさんの人が「買いたい!」と思っていることが感じられて嬉しかったです。友達にも好評で、制作して良かったと思いました。
Oさん
デザインしたとおりの可愛いファイルが出来上がり大満足です。販売会ではいろいろな種類をたくさん買ってくれた人もいたし、入学したばかりの中1など低学年の人が買ってくれるのかと思っていたら、高2の同級生や高3の先輩もたくさん買いに来てくれました。クラスの友達が実際に使ってくれているのを見たときは、とても嬉しかったです。
自分のやりたいことや好きなことを
堂々とできる豊島岡
130周年を迎えた豊島岡女子学園。在校生としてひと言お願いします。
Tさん
みんなの圧倒的な個性が豊島岡の良さです。自分を受け入れてくれる人がたくさんいる豊島岡は居心地が最高で毎日が楽しいです!
Kさん
豊島岡は、生徒それぞれが自分のやりたいことや好きなことを堂々とできるのがとても良いと思います。先生方が生徒のやりたいことに向き合いサポートしてくださるのも魅力です。
Oさん
一人ひとりが自分の活躍の場を持っていることが、豊島岡の良さだと思います。クラブ活動、運動会や桃李祭の運営、生徒会活動、委員会活動など、自分のやりたいことや頑張れるものを見つけ、全力で取り組んでいる人がとても多い学校です。
Hさん
一言では表せないくらい、魅力あふれる学校です。私はこの学校で毎日幸せです!
次のページへ→

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
©cocorocom. All rights reserved.