TOP » 先生に聞こう!! » 本郷先生
先生に聞こう 滝川第二中学校・高等学校本郷先生
Chapter1
演奏家から先生へ 7/25 公開
Chapter2
理系クラスへの戸惑い 7/27 公開
Chapter3
練習に妥協をしない 7/29 公開
Chapter4
音楽を楽しむために 8/1 公開
Chapter5
山・海・世界 8/3 公開
Chapter6
夫婦分業 8/5 公開
理系クラスへの戸惑い
編集部員
(以下【編】)
大学時代には音楽や演奏の勉強をずっとされていたと思うのですが、教師になられて戸惑いはありませんでしたか?
本郷先生いやー、やっぱり若い頃に初めて担任したときにはたくさん苦労もしました(笑)。
【編】具体的にどういった苦労をされたのですか?
本郷先生私は音楽が専門なのでどちらかというと文系ですよね。
それでも当時の校長か教頭かどちらかは忘れましたが、「教師は文系も理系も関係ない」と言われて、理系のクラスの担任をしたことがあるんです。
【編】はい。
本郷先生理系は全く畑違いですし、理系の進学先についても知識がなかったので、理系の大学説明会や講習会に積極的に参加しました。
生徒や保護者の前では理系のことは分からないとは言えませんからね(笑)。
本郷先生
【編】そうですね(笑)。
本郷先生だから精神的にも辛い時期もありましがなんとか卒業させることが出来ました。
【編】その辛い時期を乗り越えるために工夫したことなどはありますか?
本郷先生そうですね、解決方法といえばとにかく恥も外聞もなく先輩の先生に質問して、教えていただくということをやっていました。
ですので、当時の学年主任や理系の先生にとても助けられました。
【編】なるほど。
理系のクラスではとても苦労をされたんですね。
本郷先生もちろん良いこともありましたよ。
例えばそのクラスでは委員長と副委員長の男子生徒と女子生徒がいたのですが、委員長はその後大学を卒業して日本銀行に就職をして、副委員長は地方銀行に就職したのですが、その二人が結婚したんです。
【編】わー。
すごいですね。
本郷先生 それでその結婚式に呼ばれて出席したのですが、こちらもとても幸せな気持ちになれました。
本郷先生
【編】いいですね!
もし理系クラスの担任をしていなければそういったことにも出会えなかったでしょうね。
インデックス
永田先生インタビュー記事を見る
田中先生インタビュー記事を見る
芳竹先生インタビュー記事を見る
倉石先生インタビュー記事を見る
河口先生インタビュー記事を見る
北田先生インタビュー記事を見る
相本先生インタビュー記事を見る
大植先生インタビュー記事を見る
槌間先生インタビュー記事を見る
中井先生インタビュー記事を見る
中村先生インタビュー記事を見る
今井先生インタビュー記事を見る
本郷先生インタビュー記事を見る
藤本先生インタビュー記事を見る
南里先生インタビュー記事を見る
宮北先生インタビュー記事を見る
江草先生インタビュー記事を見る
斎藤先生インタビュー記事を見る
子安先生インタビュー記事を見る
増田先生インタビュー記事を見る
森田先生インタビュー記事を見る
住谷先生インタビュー記事を見る
平内先生インタビュー記事を見る
廣田先生インタビュー記事を見る
森野先生インタビュー記事を見る
青木先生インタビュー記事を見る
宮本先生インタビュー記事を見る
キャンベル先生インタビュー記事を見る
久保先生インタビュー記事を見る
唐崎先生インタビュー記事を見る
安山先生インタビュー記事を見る
井坂先生インタビュー記事を見る
亀田先生インタビュー記事を見る
森田先生インタビュー記事を見る
儀満先生インタビュー記事を見る
近藤先生インタビュー記事を見る
角先生インタビュー記事を見る
大山先生インタビュー記事を見る
三笘先生インタビュー記事を見る
谷川先生インタビュー記事を見る
メイガン・ルイズ・ホワイトヘッド先生、吉田 ひとみ先生
スペシャルコンテンツ
お問い合わせ
Copyright(C) cocorocom. All Rights Reserved

PAGE TOP