TOP » 先生に聞こう!! » 久保先生
先生に聞こう プール学院中学校・高等学校 久保 義道先生
Chapter1
母の一言 12/20 公開
Chapter2
恥ずかしがらずに 12/21 公開
Chapter3
スニーカーエイジへの取り組み 12/22 公開
Chapter4
カナダでの祈り 12/23 公開
Chapter5
受験で終わりでは無い 12/24 公開
カナダでの祈り
編集部員
(以下【編】)
もうひとつ、国際教育事業にも携っていらしたんですね。
久保先生 はい。初めて行ったのは1990年でした。
カナダのビクトリアというところに行ったのですが、まだ関西国際空港も出来ていませんでしたので、伊丹から成田、成田からサンフランシスコ、そこからさらにシアトル、最後はシアトルから高速ボートと、かなり乗換えてたどり着きました。
【編】 それは大変ですね。
久保先生 はい。実は私の父も祖父もカナダに留学していたのです。トロントの方だったそうなんですが、祖父の時代には東洋からカナダに行っている人自体がほとんどいなかったような時代でもっと大変だったと思いますよ。
【編】 確かに。
それでは先生は三代に渡ってカナダに行かれているんですね。
久保先生
久保先生 はい。カナダには何か縁を感じてしまいますね。
【編】 女子生徒を外国に連れて行く上で、ご心配などもあったのではないでしょうか?
久保先生 実は心臓が止まった生徒がいましてね。
ホストファミリーの方の車に乗って出発する直前に発作が起こりまして。
すぐに救急車で病院に運んだんですが、心臓が止まって電気ショックを行いました。すぐに私にも呼び出しがかかり、急いで病院にかけつけた時にはICUの中で身体中に管が入れられているような状況でした。
私には医療的な専門知識もなく、学校や家庭や各方面に連絡する以外にその時私にできることはありませんでした。ただただ神様に祈るだけでした。
【編】 それは大変ですね・・・。
久保先生 はい。祈りが通じたのかどうかは分かりませんが、その後回復し、何とか日本に帰って来ることが出来ました。一時は医者から最悪の場合も覚悟してくださいと言われたので、今思い返しても体がふるえる思いがします。
【編】 その後、その生徒さんはどうなったのですか?
久保先生 実は最近その生徒のお母様からハガキが来ましてね。
『カナダではご面倒をおかけしました。今娘はおかげ様で小学校の教師をしています』と。
【編】 良かったですね!
久保先生 そうですね。
事故当時は本当に、私も神様にお祈りしましたし、学校の方はじめたくさんの方々が心からお祈りをささげて頂きました。
今思えばなんですが、祈りが通じたのかな、と。そう思いますね。
インデックス
永田先生インタビュー記事を見る
田中先生インタビュー記事を見る
芳竹先生インタビュー記事を見る
倉石先生インタビュー記事を見る
河口先生インタビュー記事を見る
北田先生インタビュー記事を見る
相本先生インタビュー記事を見る
大植先生インタビュー記事を見る
槌間先生インタビュー記事を見る
中井先生インタビュー記事を見る
中村先生インタビュー記事を見る
今井先生インタビュー記事を見る
本郷先生インタビュー記事を見る
藤本先生インタビュー記事を見る
南里先生インタビュー記事を見る
宮北先生インタビュー記事を見る
江草先生インタビュー記事を見る
斎藤先生インタビュー記事を見る
子安先生インタビュー記事を見る
増田先生インタビュー記事を見る
森田先生インタビュー記事を見る
住谷先生インタビュー記事を見る
平内先生インタビュー記事を見る
廣田先生インタビュー記事を見る
森野先生インタビュー記事を見る
青木先生インタビュー記事を見る
宮本先生インタビュー記事を見る
キャンベル先生インタビュー記事を見る
久保先生インタビュー記事を見る
唐崎先生インタビュー記事を見る
安山先生インタビュー記事を見る
井坂先生インタビュー記事を見る
亀田先生インタビュー記事を見る
森田先生インタビュー記事を見る
儀満先生インタビュー記事を見る
近藤先生インタビュー記事を見る
角先生インタビュー記事を見る
大山先生インタビュー記事を見る
三笘先生インタビュー記事を見る
谷川先生インタビュー記事を見る
メイガン・ルイズ・ホワイトヘッド先生、吉田 ひとみ先生
スペシャルコンテンツ
お問い合わせ
Copyright(C) cocorocom. All Rights Reserved

PAGE TOP