TOP » 先生に聞こう!! » 安山先生
先生に聞こう 常翔啓光学園中学校 教諭  安山 竜一先生
Chapter1
そろばん教室で英語に出会う? 8/26 公開
Chapter2
社会に学ばせてもらった 8/27 公開
Chapter3
「英語嫌い」を出さない 8/28 公開
Chapter4
いつも生徒の近くに 8/29 公開
Chapter5
学校は第二の家 8/30 公開
Chapter6
生徒は化ける 8/31 公開
そろばん教室で英語に出会う?
編集部員
(以下【編】)
まずは先生になろうと思ったきっかけからお聞かせください。
安山先生 小学校の頃の夢はアナウンサーか先生でした。
NHKのニュースに出演していた俵孝太郎さんなんかに憧れていて。
同時に学校がすごく好きでした。先生になったら毎日学校に来れるなあと、単純にそう思っていました。
【編】 そんなに学校が好きだったんですね。
安山先生 はい。
私にとって学校は友達と会う場所でした。でも同じ会うのでも学校の外ではあまり楽しくなくて、学校の中で会うのが楽しかったんです。クラブ活動が終わっても、下校時間になるまで友達と話していましたね。
【編】 先生方のことも好きだったんですか?
安山先生 私が学生の時はとても厳しい先生が多かったんです。悪い事をしたらバケツを持って立たされたり、叩かれたりもよくしました。
でも先生を恨んだりはしませんでした。当時、先生は聖職で、先生に怒られたら自分が悪い、と親も生徒も思えていた時代でした。
むしろどれだけ怒られても、僕はあの教室の空気が好きで、その空気の中にずっといたかったんです。
【編】 影響を受けた先生はいらっしゃいますか?
安山先生
安山先生 私が小学校の時はそろばん塾や習字教室が流行っていた時代なのですが、浦上先生というそろばん塾の先生にはとても影響を受けました。
めちゃくちゃ怖い先生で、よく叩かれたり怒られたりしましたが。
【編】 今ではあまりいらっしゃらないような先生ですね。
安山先生 はい。
ただ厳しいだけでなく、ものすごく温かみのある先生でもありました。
私は現在英語の教員をしておりますが、初めて英語を教わったのも実は浦上先生なんです。
【編】 そろばんの先生なのにですか?
安山先生 はい。
私は小学生当時はあまり成績が良い方ではなかったのですが、それでは中学校で苦労するだろうということで、英語と数学を特別に教えて頂いていました。初めは嫌だったのですが、先生のおかげで中学校の最初のテストで90点以上をとる事が出来たんです。
それがとてもうれしくてね。そこから英語が好きになっていったので、きっかけは浦上先生が与えてくれたようなものです。
インデックス
永田先生インタビュー記事を見る
田中先生インタビュー記事を見る
芳竹先生インタビュー記事を見る
倉石先生インタビュー記事を見る
河口先生インタビュー記事を見る
北田先生インタビュー記事を見る
相本先生インタビュー記事を見る
大植先生インタビュー記事を見る
槌間先生インタビュー記事を見る
中井先生インタビュー記事を見る
中村先生インタビュー記事を見る
今井先生インタビュー記事を見る
本郷先生インタビュー記事を見る
藤本先生インタビュー記事を見る
南里先生インタビュー記事を見る
宮北先生インタビュー記事を見る
江草先生インタビュー記事を見る
斎藤先生インタビュー記事を見る
子安先生インタビュー記事を見る
増田先生インタビュー記事を見る
森田先生インタビュー記事を見る
住谷先生インタビュー記事を見る
平内先生インタビュー記事を見る
廣田先生インタビュー記事を見る
森野先生インタビュー記事を見る
青木先生インタビュー記事を見る
宮本先生インタビュー記事を見る
キャンベル先生インタビュー記事を見る
久保先生インタビュー記事を見る
唐崎先生インタビュー記事を見る
安山先生インタビュー記事を見る
井坂先生インタビュー記事を見る
亀田先生インタビュー記事を見る
森田先生インタビュー記事を見る
儀満先生インタビュー記事を見る
近藤先生インタビュー記事を見る
角先生インタビュー記事を見る
大山先生インタビュー記事を見る
三笘先生インタビュー記事を見る
谷川先生インタビュー記事を見る
メイガン・ルイズ・ホワイトヘッド先生、吉田 ひとみ先生
スペシャルコンテンツ
お問い合わせ
Copyright(C) cocorocom. All Rights Reserved

PAGE TOP