Browse By

城南学園中学校の学校データ

基本情報

〒546-0021
大阪市東住吉区照ケ丘矢田2-14-10
TEL.06-6702-9784

http://www.jonan.ac.jp/

教育理念

【建学の精神】

幼稚園から大学院までを設置する、教育と福祉の総合学園
昭和10年の学園創設から80年有余、創始者の故・坂上綱吉理事長の「やがて女性も社会の第一線で活躍する時代がくる」という遺志を継承し「自主自律・清和気品」の校訓のもと、女子教育に情熱を傾けてきました。自らを律することができ、清らかで気品ある女性、社会に必要とされる豊かな感性と英知を備えた人間味あふれる女性の育成をめざしています。 生徒一人ひとりの個性を大切にし、丁寧できめ細やかな指導を徹底し、国公立大学進学から就職まで「進路実現100%を達成する城南」を教育目標の柱として教員全員が情熱を持って教育に当たっています。


【教育方針】

自立した女性になるための 10×10 プラン

中・高一貫教育の流れ
社会人としての基礎を築く6年先を見据えた指導

「大学は出たけれど就職が決まらない」、「就職はしたけれど簡単に辞めてしまう」… このような若者を取り巻く現象は、日本の大きな社会問題になっています。 これらの現象の要因として、「生きる力の欠落」が挙げられます。 そこで、思春期には、学力とともに、人間力を養成することが求められています。 本校は、6年一貫教育ゆえ、高校受験に縛られることなく、中学校段階では学力とともに 人間力の養成にも時間をかけることができます。 6年先、10年先を見据えた10×10(テン・バイ・テン)プランにご期待ください。

コース
6年先をみすえた中高一貫教育

特進一貫コース

高校へは無試験で進学。6年先の大学進学をみすえ、一人ひとりの進路保障を実現する教育体制と、独自の教育プログラムを整えています。

[生徒一人ひとりの夢をかなえる]
1. 豊富な授業量 二期制や7限授業で授業日数を増加。きめ細やかな指導を行います。
2. 反復学習 くり返し授業内容を学ぶことで授業の理解度を高め、基礎学力を固めます。
3. 個別指導 一人ひとりの目標や習熟度に合わせた指導を徹底しています。

教育プログラム
10×10 プラン 社会で活躍する女性育成のための教育プログラム

10×10プランとは
学力と人間力を育て、難関大学合格へと導きます。

学力養成の10プログラムと人間力養成の10プログラムを実行に移すことにより、相乗的に学力と人間力を高めていきます。10+10=20倍ではなく、10×10=100倍もの効果があると考え、城南学園中学校の新教育プランを10×10(テン・バイ・テン)プランと命名しました。

学力養成プログラム

基礎学力 基礎学力をしっかり身につけます。

①反復学習(授業・単元終わり・定期考査前の3度)
各単元終了ごとに授業内容を復習し、定期考査前には試験範囲を復習するという2段構えの反復学習を実施。通常の授業と合わせて、3度の学びの場を設定することにより、授業内容をしっかりと身につけていきます。

②二期制で学習時間を確保
二期制をとることにより、夏期にも授業・講習を行い、学力定着のための授業時数を確保します。十分な授業時数を確保することで、落ち着いたスピードで無理なく授業を進めることが可能となります。

③実力テスト
ベネッセの学力推移調査と五ツ木の学力テストを年間2回ずつ、合わせて年4回の実力テストを実施します。このことにより、定期考査では確認しにくい学力の積み重ねを確認します。

丁寧指導 丁寧できめ細やかな指導に努めます。

④習熟度別授業
国語、数学、英語の一部の授業で、習熟度別の授業を実施します。このことにより、自分の学力にマッチした授業を受けることができ、各人の学力をさらに引き上げていきます。

⑤個別指導
成績アップをめざしてさらなる学習を望む生徒には、通常授業以外に個別の対応をします。難問にチャレンジしたり、あるいは弱点克服に努めるなどすることにより、個々の学力が伸びていきます。

⑥放課後学習
小テストなどを通して、学力の定着が弱いと判断できる場合、放課後学習会にて学力の補充を行います。義務教育段階で定着させるべき基礎学力をきちんとつけさせることにより、高校進学後の学習がスムーズとなります。
興味拡張 興味・関心を広げ、自ら学ぶ力を伸ばします。

興味拡張 興味・関心を広げ、自ら学ぶ力を伸ばします。

⑦理系教育
協定校である近畿大学の実験施設を利用するなど理系の内容に触れる機会を設け、理系教育を推進します。このことにより、文系科目だけではなく、理系科目にも興味を持ち、興味範囲が広がることが期待できます。
近畿大学との21世紀教育連携パートナーシップ協定
2010年度より、城南学園中・高等学校は近畿大学と21世紀教育連携パートナーシップ協定を結んでいます。これにより、近畿大学の教育施設を利用できます。

⑧読書指導
毎朝10分読書をすることで、落ち着いて授業に臨める環境を作るとともに、すべての教科の基礎となる読解力を養います。また、さまざまなジャンルの本を読むことにより、各人の世界が広がっていきます。

⑨合宿講座
高校特進系コースでは年1回、4泊5日の合宿講座を全員参加の形で実施しています。中学校3年生の段階において、1泊2日で高校合宿講座に合流して高校授業を体験し、高校での学習の準備を行います。

⑩ミニ合宿
河内長野にある本校セミナーハウスで、高校特進系コースの生徒とともに1泊2日の合宿を行い、自学自習の習慣づけをめざします。そして、高校で求められる自学自習力の基盤を築いていきます。

人間力養成プログラム

生活習慣 基本的な生活習慣を身につけます。

①「生活リズム・身だしなみ」アンケート&チェック
アンケートを行うことで、早寝早起き、一日3食、清潔感のある身だしなみなどを自己点検できる能力、習慣を身につけます。さらに、繰り返し確認することで、その徹底を図ります。

②フォーサイト(振り返り力向上手帳)
毎日の生活、学習状況を記録し、担任の先生が点検することで、生活習慣の安定、家庭学習習慣の定着を図ります。また、継続することにより、自己管理力、時間管理力が養われます。

情操教育 豊かな心、健やかな体を育みます。

③ピアノ個人レッスン
週1回、ピアノレッスン室(個別ブース)にて個人レッスンを行い、音楽の楽しさに触れながら、音楽の基礎を身につけていきます。また、卒業前の発表会を通して、集団の前での自己表現力を養います。

④茶道教室&琴&弓道
クラス単位での茶道教室、音楽の時間内で行う琴授業、体育授業の武道としての弓道を通して、日本の伝統文化を知るとともに、礼儀作法を身につけていきます。これらを通し、「真・善・美」の世界を体験します。

⑤多彩な行事(芸術鑑賞会・体育大会・文化祭など)
体育大会(大阪府立体育会館で実施)や文化祭はもちろん、芸術鑑賞会ではバレエやミュージカルなど、普段は見る機会の少ない芸術に直に触れることで、感性を磨きます。

⑥ローエレメント(集団学習)&平和学習
ローエレメント(集団学習)&平和学習により、強固な人間関係を構築し、協調性を養います。また、沖縄修学旅行では平和の尊さについて学びます。これらを通して「心」を育む教育を行い、いじめを許さない環境を作ります。

⑦部活動&生徒会活動
本校ではできるだけ部活動に参加するように勧めています。また、生徒会活動も女生徒のみで活発に行われています。これらの活動を通してリーダーシップを養い、コミュニケーション能力を高めます。

キャリア教育 自ら未来を切り拓いていく力を育てます。

⑧進路学習
3年間をかけて体系的な進路学習を行い、職業というものに対する尊さを学ぶとともに、自身の職業観を構築します。同時に、職業の種類についての知識を大幅に増やすことにもなります。

⑨特別講座(外部講師による)
プロスポーツ、古典芸能、作家など多方面のオーソリティを特別講師として招き、それぞれの世界の奥深さや、その道を極めるまでの体験談などを聞くことにより、興味範囲の拡充を図ります。
過去の実施例
●ジャーナリストに学ぶ
毎日新聞社編集局学芸部専門編集委員による講演
●芥川賞受賞作家に学ぶ
第122回芥川賞受賞作家玄月氏による講演
●トップアスリートに学ぶ
日本プロバスケットボールリーグ「大阪エヴェッサ」所属ヘッドコーチ、選手による実技指導・講演
●オリンピックメダリストに学ぶ
2000年シドニーオリンピック女子200メートル背泳ぎ銅メダリスト 中尾美樹氏による講演
●伝統芸能「能」を体験する
観世流能楽師林本大氏による講話・実演・実技指導

⑩英会話&短期留学
外国人教師から生きた英語を学ぶ英会話授業(週1回)や、異文化に触れるニュージーランド短期留学(約2週間・希望制)を通して、グローバル社会に対応していく力を身につけます。

地図
城南学園中学校

旧サイトコンテンツ