Browse By

プール学院中学校の学校データ

基本情報

〒544-0033
大阪市生野区勝山北1-19-31
TEL.06-6741-7005

http://www.poole.ed.jp/

教育理念

【教育理念】

生命は、神さまから与えられたかけがえのないものです。さらに神さまは、私たちに個性、資質、能力、可能性といった素晴らしい賜物を与えてくださいました。創立以来、本校は、学舎に集う生徒のすべてが神さまからいただいた賜物に気づき、それを生かし、豊かな人生を歩むことができるよう、キリスト教精神に基づいた人格教育を行なってきました。
それぞれの賜物を大切に育てるため、教師はいつも生徒一人ひとりにきちんと向き合い、個性を見つめ、きめ細やかに対応しています。それにより、生徒たちが自分の可能性に気づき、生きる喜びを体感し、周りのすべての人に愛を与える人になることを願っています。人を愛し、人に愛され、人に喜ばれる人となる。キリスト教の最も重要なメッセージは「愛」を学ぶことです。生命の尊さを見失いがちな時代だからこそ、「愛」の大切さを生徒たちに伝えることが必要だと私たちは考えます。本校で、学業はもちろん、人を愛し、人に愛されることを学び、深く考え、「愛」を体現できる人となった生徒たちが、社会で活躍することこそが私たちの喜びです。


【スクールミニマム(私たちの3つの約束)】

一、挨拶できる人間になる

一、読書できる人間になる

一、合唱できる人間になる


【教育の特徴】

人を育てる  キリスト教教育
毎朝の礼拝の時間や、宗教週間、クリスマス礼拝など、キリスト教精神に基づいた人格教育を行なっています。神と向き合う時間は、「わたしとは何かを」考え、人格を確立する貴著な時間です。人格を確立し、社会において責任のある行動をとれる女性を育てます。

目的意識を育てる  信頼関係の構築
中高6年間で一貫した教育を展開し、常に生徒の学力や心の成長を見守ります。面談、予定帳、週報・学年通信等でコミュニケーションをしっかりと図りつつ目的意識を育てます。教員と生徒・保護者との信頼関係を築いた上で、希望や適性を考慮。最適な進路を一緒に探し、目標達成に向けて支援します。

コミュニケーション能力を育てる  外国人教師による英語教育
開学以来の伝統ある教育のひとつが外国人講師による英会話教育です。卒業生の英語力の高さは多くの方々から高い評価を得ています。母語と違う言語を学ぶプロセスで、人のことばに耳を傾け、人の気持ちに思いをはせつつ対話するコミュニケーション力を育てます。

国際感覚を育てる  国際交流と海外研修
中学ではオーストラリア研修を冬に行なっています。また、高校ではオーストラリアへの語学研修、姉妹校である韓国の崇徳女子高校やイギリスのキャノンスレード高校との相互訪問も実施。異文化を理解し、幅広い視野を持つもとで、国際感覚とチャレンジ精神を育成します。

コース

一貫特進コース

国公立大学をめざすためのコースです。高校2年までの5年間で先取り学習を行い、高校の教育課程を全て修了します。高校3年生の1年間は、受験のための対策に充てられます。得意科目を伸ばし、苦手科目を克服するための時間を余裕を持って確保することで、現役での国公立大学合格をめざします。

  • ポイント① 6年一貫教育で無理のない先取り授業
  • ポイント② 少人数できめ細やかな進学指導
  • ポイント③ 文・理別(高2・3)の徹底した受験指導

特進GCコース

特進GCコースは世界に奉仕するグローバル人材を育てる21世紀型の新しいコースです。英語コミュニケーション能力を育成し、さらにディスカッション等で英語の運用力を鍛えます。グローバルな社会で使える英語の習得を目指します。

  • ポイント① 少人数制クラスによるきめ細やかな指導
  • ポイント② 英語のコミュニケーション能力を育成
  • ポイント③ キリスト教大学推薦クラスを設置

地図
プール学院中学校

旧サイトコンテンツ