ココロコミュの目 洛星中学校

洛星中学校

教育や学校生活の個性や特長を、ココロコミュの視点で紹介します。

Point1
クリスマス・タブローの伝統

毎年、12月23日にキリスト誕生の喜びを表す劇「クリスマス・タブロー」がある。中学1年生の全員と中学2年から高校2年の有志、教職員など総勢500人のスタッフが協力し、1週間で作り上げる伝統行事。学校が一つになる日。

Point2
受け継がれる奉仕の精神
反響板同好会

合唱やオーケストラの公演のときに 反響板を設置し、ステージ設営をする同好会。ステージの左右に設置する反響板は、鉄のフレームが入った大きな木製の板を片側3枚つなぐ。その作業には技術が必要で、そのテクニックと奉仕の精神は脈々と受け継がれている。初代メンバーには藤田副校長の名前もある。
http://cocorocom.com/archives/6800

Point3
最難関大と甲子園を
目指す野球部

2016年、春の選抜高校野球大会の21世紀枠で京都府の推薦校に選ばれて注目を集めた洛星高校野球部。当時は部員が10人ということも話題になった。実は1956年創部の伝統ある部で、「黙々と」をモットーに学業と部活両方での頂点を目指している。
http://cocorocom.com/archives/6265

ココロコミュCONTENTS

ココロコミュの記事一覧

学校インフォメーション

DIGITAL PAMPHLET
デジタルパンフレット

洛星中学校

ADDRESS 〒603-8342 京都市北区小松原南町33
TEL 075-466-0001
WEBSITE http://www.rakusei.ac.jp/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でココロコミュをフォローしよう!